スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAT Writing

今朝のGood Morning Americaでのお話。

Statement from The College Board to 'GMA'

大学側はSATのエッセイを見ることができるのですね、知らなかった。

長い方が良いと言われてましたがやはり本当だったみたいですね。
プライベートのカウンセラーや家庭教師などを雇っていればちゃんと教えてもらえたのでしょうが、うわさかな~なんて思っていました。

14歳の高校生が友人たちに調査したらやはり長いエッセイを書いた方が点数が高かったとか。 またMITの教授がこのことを研究していて、この14歳の子の調査は大変参考になるとかなんとか。

それよりこういう調査をして全国番組で取り上げられたことでこの子のポートフォリオに一つ金メダルが付いた?  もともとStuyvesant High Schoolに行っているらしいので、そんなことは関係ないかも知れませんが。


videoもあがってました。
The Secret Behind a Better SAT Score



スポンサーサイト

ACT = SAT

ACT か SAT か。

テストを取った生徒の数が同じぐらいになったそうです。

ACT passes SAT in number of college entrance exam takers

(この記事には、SATはエッセイがあってACTはエッセイはオプションと、、 実際そうなのですが、ほとんどの大学でACTのエッセイも要求すると思いますので受験の際はwritingも一緒に申し込んだほうが良いと思います。)


色々なインフォセッションで大学側としてはACTの成績の方が実際の成績に見合っています、とは言っていましたが、やはりだんだんACTに移行していくのかも知れませんね。

知り合いの間ではSATだけを取る子はたくさんいましたが、ACTを取った子はSATも取っていました。
そのあたりを踏まえてこの数字をどう読むかでしょうか。







変り種SAT学習?

コメント欄に入れたものですが、こちらにも。
実際に試した分けではありませんので良くは分からないのですが
一応リンクだけ入れておきますね。

Kaplan SAT Flashcubes
I-pod用

LEARN SAT VOCABULARY BY FLASH
ゲーム感覚?

Vocab Games

漫画で覚えるSAT
シリーズで色々と出ているようです。


Rock the SAT
SATの言葉が入った曲? 実際我が家にあるのですが娘は見向きもしませんでした。
SAT拒否症候群?



ACT

SATかACTか迷うところですが、どこの大学もどちらが良くてどちらが悪いと言うことはないと説明していました。ブランダイスとコーネルでははっきりとACTの方が信用度が高いですと説明していましたが、ACTの方が良いと言った訳ではありません。SATと平等に扱うと。
ACTを出せばSAT Subjectは要らないと言う大学もあります。 
オプショナルでWritingと言うのがありますが、ほとんどの大学がwritingも必要とありますので全部取った方がよさそうです。

子供たちの意見によるとSATよりACTの方がより学校で勉強をしていることに近いそうです。 サイエンスもありますので、理数系が得意な子には有利かも知れませんね。

ACTオフィシャルサイトのオンラインコースが1年の有効期間で19.95ドル。
これで少し勉強をしましたがあとはあまり特別なことはしませんでした。
ACT

無料のオンライン例題もあります。
Sparknotes
Studyguide Zone

SATに比べると資料もオンライン練習も少なく頼りない感じがしますが、だんだんとACTを取る子供たちが多くなって来ているのでこの先もっと資料が出てくるかも知れませんね。

我が家はこのACTで救われました。SATのスコアは提出せずACTのみ。学校のカウンセラーはACTだけ出すと何か隠しているのかと疑われるかもと心配していましたが、相談をしたアドミッションオフィサーがACTだけと言われたのでその指示にしたがいました。 カウンセラーもオフィサーもどうしてこれだけSATとACTに差があるのか興味津々だったような。どちらも色々と娘に尋ねていました。 娘はSATは永遠に続くようで先が見えない、ACTは全体的に最初から把握できる、とかなんとか訳のわからないことを言っていましたね。




SAT Subject Test

一般的にはSAT Ⅱと呼ばれています。
IVYレベルの学校のほとんどがSATとは別に2つあるいは3つのSubject Testの成績も要求していたと思います。 専攻する学科によっては科目を特定されているところもあるのでご注意ください。 
数学はLevel1とLevel2に別れています。 Level2の方が難しい? ジョンズホプキンスのバイオメディカルはLevel2必修だったように思います。

普通のSATもSATⅡも同じなのですが、特にSATⅡはその時の平均点を見る必要があります。 いずれも800点満点なのですが、たとえば中国語のSATは平均点が800近く、日本語で760ぐらいになります。 これも毎回毎回テストの度に変わってきますので注意する必要があります。780点を取って喜んでいてもそれが平均ならあまり大学にはアピールできないかもしれませんね。
SAT Subject Test Percentile Ranks

一般的には自分の受けている授業のものを取るので特別に勉強をすることはあまりないようですが、College Board その他から出ている本などを参考に予習をします。

インターネットでの練習はあまりないのですが、数学だけ少しありましたので。
Sparknotes SAT Math Level 2
Free Test on Line SAT Math Level 1 & 2

日本語のテスト問題はこの本の中に入っています。
The Official Study Guide for All SAT Subject Tests (Paperback)
CDもついていますのでリスニングの練習もできます。これ以外にはあまりなかったと思ったのですが、
How to Prepare for Sat II: Japanese
こういうのが出ていますね。実際に手に取ってみたことがないので何とも言えませんが。

娘の時は他に4人一緒に受ける近くの日本人の子たちがいましたので、お母さん同士が集まって少し練習をさせました。 オフィシャルガイドにある例題を元に色々と問題を作ってやらせてみたのですが、結果はあまり良くなかったですね。 小学校3,4年程度の日本語で普通に取れば800と言われていたのですが、平均点を少し上回った程度だったでしょうか。これも大学側には提出できるような点数ではありませんでした。
(どうもうちの娘はSATと相性が悪いようで、AP日本語はすんなり5を取れたのですが)

Subjectテストで気をつけることは、受ける時期です。 娘はバイオロジーを9年生で取りましたので当然9年生の最後にこのSATⅡのバイオを取りました。10年生で日本語、化学、世界史、11年生でアメリカ史と数学2。
SATⅡのテストはSATと同じ日にあります。 SATⅡは一日に何科目か取れますがSATとSATⅡを同じ日に取ることはできません。11年生の春になってからあれもこれも一度に取ることは出来ませんので、注意が必要です。日本語SATは年に1回11月のみだったと思います。

今思えば、たとえばバイオロジーの場合9年生が終わったあと夏休みに補強をして秋のテストで取らせればよかったと思います。覚えているうちにと5月に取らせてしまいましたが、まだ習っていなかった部分もあり少し無理があったかも知れません。



SAT  インターネットでの勉強

まずお金をかけたくない。
(このあたりも敗因の原因か、SATの成績は家の収入に比例すると言われています。)
期間は1ヶ月

となるとインターネットに頼るしかありません。

一つ有料のものを申し込みました。
Princeton Reiew
3ヶ月のショートコースで70ドルぐらいだったと思います。
一番安いネットコースだったかと。

あとは全部無料のサイトを使いました。

Fusion Academy
クィーンズにある韓国系の塾のサイトのようですね。
Reading,Writing,Vocab と分かれていて便利でした。
SparkNotes
無料で利用できるものがたくさんあります。 SAT Subject の例題も。
PrepSage
Major Tests

この4つが例題もたくさんあり、役に立ったかと思います。

あとは例題は少なくなりますが、
Eprep
ProProfs
Test Prep Review
PrepMe
Ineractive Grammar Quiz


とにかく文章を早く読んで把握すること、Vocabを増やすことが目的でしたから手当たりしだいに例題を探し出した感じですね。
あとはTime Magazine  から毎日2つぐらい記事を取り出し読んでお互いに意見を言ったりしました。
怒涛の1ヶ月だったと思います。 
テストスコアは150ぐらいあがりましたがまだまだ、どれだけ最初が低かったかご想像いただけると思います。

SAT 我が家の場合 その2

何もしていなかった訳ではないと思います。
学校区が主催しているSAT勉強会。5回セッションで1科目60ドルとお得なプログラム。ジュニアの秋に行かせました。本人の反応はまずまずだったと思います。塾も一応調べてみましたが、Kaplan、Princeton Review、Sylvan、だいたい 12回ぐらいのセッションで1200ドルから1800ドル。教会などを使って値段を抑えているところで500ドル。(今調べてみましたが、今年は3回セッションとか割安なプログラムが増えています。不況のせいでしょうか) 娘の場合、数学は必要なかったのですが別々に取れるプログラムは無く、こんな大金を払ってまで行かせるべきかどうか。他のアクティビティーにもかなり時間が取られていますし、本人は学校区の勉強会で手ごたえがあったので大丈夫といいますし、結局塾は行かないことに。
後で分かったのですがやはり友達たちの多くはSATの塾に行っていたようです。夏の間に集中的にコースを取ったり、家庭教師を雇ったり。不思議なことに2400を取る子たちはあまり塾などには行っていなかったのです。そういう子たちの母親からSATは勉強しなくて大丈夫よと私は聞いていた訳です。自分の子供のことをちゃんと把握していなかったと言うことですね。

SATの結果が出るのは試験を受けた後約3週間ぐらいだったと思います。結果が出た時点から次のテストまで約1ヶ月。
高校のカウンセラーのウェブサイトには家庭教師の情報も載っています。口コミでも色々と情報が取れました。ただ、1ヶ月です。そんな時期にすぐに良い家庭教師とのアポイントが取れる訳はありません。しかもこちらも高額です。

一番の問題は娘がちゃんとやっていなかったことだと気が付きました。やる、やってると言いながら本人も軽く見ていたのでしょう、そう真剣には勉強していなかったのが原因かと。 学校の授業とSATは違います。本などに親しんでいる子は別ですが、あまり読書をしないうちの娘のような場合にはSAT用の勉強が必要です。

娘とも話しあった結果、SATの勉強を助けることにしました。本当に自分の志望校に行きたいのか、それとも自分に見合った成績のところに行きたいのか。そんなことの話し合いでした。(糾弾に近かったかも、、)
それまで学校の勉強は彼女からの報告を受けるだけ、たまにちゃんとやってる?と聞く程度。何しろ英語ですから詳しく聞いても私にはわかりません。勉強の内容にまで踏み込むことは小学校3年生ごろから全くしていなかったのです。
私がしたことは毎日SATのプリントを作り答え合わせをし彼女にどこができてどこが出来ないのか認識させること。 答え合わせはしますがどうしてと言う説明はもちろん私にはできません。本人に考えてもらいました。 まるで小学校低学年のような管理の仕方です。 インターネットでのSAT勉強ログを度々チェックし、彼女の不得手なところを集中的にプリントするようにしました。そんなこんなで1ヶ月。 何とか成績は上がりましたがIVYを受けるのには合格圏内の下限25%ギリギリ、アドミッションオフィサーの目を引くことができなければお話にならない状態でした。 この時、娘はもう10月のSATは受けないと。 敗北宣言ですね。 よっぽど相性が悪かったようです。

主人はバイリンガルも原因の一つかもと言いましたが、私はそうは思いませんでした。それなら学校の成績も悪いでしょう。日本語を彼女に教えていて感じたことは感が悪いと言うことです。状況把握をするのが苦手です。 答えが分かっているものは良いのですが、はっきりした答えのない問題などはだめでした。想像力が足りないと言うか、先生の言ったことはできる優等生ですが、自発的にその先には行けない生徒です。(ちょっと言いすぎたかな?)
何かそのあたりのこともSATには関係があるかも知れません。



カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。