スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度 ED願書応募数

2011年度 ED願書の応募数が出ています。

11月18日の記事ですが、応募数はUpdateするようですね。
軒並み昨年より多くなっています。
大学によってはこのED願書で定員の半分ぐらい埋まってしまうところも。

Early-Decision Applications Surge at Vanderbilt, George Washington and Dartmouth

去年はWilliamsのED願書が少なくなったのですが今年はAmherstが少なくなっていますね。Amherstは今年も定員を増やすと思われますので、ねらい目だったかも。(4年計画で学生数を2000人近くまで増やすとか)

いずれにしろ、この大学にぜひ行きたいと言うところがあってその大学のFAがNeed-Blind-Baseの場合、ED願書で受験するのが良いと思いますがいかがでしょうか? 何かED受験でマイナスなことをご存知の方お教えいただけますか?



スポンサーサイト

ED願書の注意点

ED1願書の締め切りは11月1日あるいは11月15日が多いと思いますが、忘れてはいけないのが、高校から提出してもらう1st Periodの成績です。 学校の始まる時期にもよりますが高校のシニア、最初の成績が出るのが感謝祭のころ、または感謝祭あとになることが多いかと思います。 
ED合格発表が12月10日から15日、短い期間でアドミッションオフィスは合否判定をしますのでこの成績が遅れると判定ができないことにもなりかねませんね。
忘れずに高校側に提出をしたかどうか確認を取ることをお勧めします。遅くとも12月1日までに提出でしょうか。もしそれより遅くなる場合は出来れば高校のカウンセラーから、それが無理なら自分で大学側にその旨伝えておいたほうが良いかも知れません。

(私個人の感想ですが、ED願書においてこの1st Periodの成績は大変重要ではないかと思っています。シニアになって成績が上がっていればプラスになるのではないかと。大学側はたとえ高校のフレッシュマンの成績が悪くてもそのあとの上がり具合を見ると言われています。 反対にどこかで落ちている場合はなぜ落ちたのか、大きな理由があるのかを考慮する場合もあるとか。)

娘の場合、この1st Periodの成績を高校側が忘れていたようでした。 感謝祭が終わっても大学側のオンライン願書の項目にチェックが付いていませんでしたので娘がガイダンスカウンセラーに聞いたところ、「あ!」って言われたとか。 この成績もオンラインですぐに入りますのでセーフでしたが。

願書を出す時期、出した後

今、RD受験の方は提出物をそろえるのに大変なころでしょうか。受験生もサポートの親も一番ストレスが多くなる時期だと思います。 喧嘩をしている訳ではないのですが、何となく家の中がツンツンしている雰囲気が我が家にはありました。

願書を出すタイミングですが、あるアドミッションオフィサーに尋ねたところ、早く出したから、遅く出したからと違いはないと言う事でした。 (もちろん締切後はいけませんが) 早い人では9月の初めに送られてきたこともあったとか。書類は送られてきた順番に見るのではなく、締め切り後に一斉に見ると言う話でした。
ただオフィサーに上がるまでのスクリーニングをしているところでは到着順に見ているかも知れませんね。

高校のカウンセラーにはどこの大学に受けるか伝えなければいけません。 成績、カウンセラーからの評価などなど直接受験する大学に送ってもらうのですが、その準備に最低2週間はかかるので少なくとも願書締め切りの2週間前までにはガイダンスオフィスに連絡をすることになっていると思います。

最初に願書を出した時点で各大学から受け取りましたなどと言うEメール、または手紙が来ると思います。 余談ですがある掲示板で私のところには来ないと書いている子が、他の人が色々とたずねたところ締切日の次の朝に出していたことがわかり。。。 こちらまで胸が痛くなりました。

さて、様々な書類や成績がちゃんと大学に届いているのかどうか、殆どの大学がウェブで確認できるようになっていると思いますが、頻繁にチェックをして入っているのかどうか確かめる必要があると思います。 高校側が忘れていた、またはリストから漏れていたので送っていなかったと言う話をチラホラと聞きます。 また推薦状を書いてくださる先生が“うっかり”していて送るのを忘れていた、と言うこともあります。 

大学によってはこれこれの書類が揃っていませんよ、と連絡をしてくるところもあります。
我が家はEDで受かったので他の願書は取り下げたにもかかわらず、RD願書を出した大学から書類不備と連絡がありました。 IVYの大きな大学だったのですが、細かくチェックをしているんだなと感心したことを覚えています。
ですが、やはり自分で煩雑に確認することが一番かと。 

もし送っているのにデータに入っていない場合は直接大学に電話で確認することをお勧めします。各大学データに入るまでに○日ほどお待ちくださいと書いていますが、締め切りが迫っている場合は待たずに電話で確認しても良いかと思います。 

色々なことを大学側に尋ねるのは、、と思いがちですが、こちらの大学はそのような心配は要らないと思います。 分からなければ直接尋ねる。 これが基本かと。
ただし常識範囲の中でですが。

RD受験の皆さん、もう少しです。 今が峠です。
これが終わればゆっくりクリスマスやお正月が。。。
応援しています!!!




エッセイサブジェクト

ユニークさを求めているのか、アカデミックレベルを求めているのか、アドミッションオフィサーがどんな基準で選んでいるのかはそれぞれあると思うのですが、一日に相当数のエッセイを読むとするとやはり人を引き込むタイトル、出だしのつかみと言うのは重要だと思います。
アクティビティーやアピールしたいことを、「私はコレコレをやっています。」と書くのではなく、お話の中に組み入れる、スキットなどを書くつもりでそれとなく背景がわかるようにすることかも知れませんね。 一番読みたくないのが、私の名前は○○です。こういうことに興味があります、それはこんなことです。とツラツラと書くことでしょうか。


Johns Hopkinsが昨年のエッセイをアドバイスとして出しています。アドミッションオフィサーのコメントもあるので参考になるかも。 
Essays That Worked

エッセイについて分からないことがあればここにスレッドが立っています。
College Confidential College Essays

ただし、各大学によってレベルが違ってきますので志望大学が分かっている場合は大学スレッドを見たほうが良いかと。
College confidential, College and Universities

昨年のおもしろエッセイサブジェクト
20 Strange College Application Essay Questions

今年のエッセイサブジェクト
'Find x' and other unusual college essay questions


手前味噌ですが、このブログで書いた他のエッセイコラム
エッセイ

親に出来そうなエッセイアドバイス

個人的な提案です。
英語が得意でない私は娘にアドバイスなんてとてもとても出来ませんでした。でもアイデアの提案や読んだ感想は少し言えたかも知れません。 英語が苦手な外国人でも一発でおもしろいと思えるようにすぐに要点がつかめインパクトのあるものがいいんじゃない?。なんて変な助言もしました。

もしお子さんがエッセイで躓いているとしたら、アイデアがないと言ったのなら、これが成功するかどうかはわかりませんが。。。
まずボランティアなりアクティビティーなり今まで本人が体験したことで一番おもしろかったこと、つらかったこと、人とは何か違った体験をしたことを思い出してごらん、と。親からみてこれすごかったじゃない?なんて思うものも提案したり。
つらつらと箇条書きにしてみると何か各大学のサブジェクトにあてはまるものが(少々こじつけでも、、?笑)あるかもしれません。それを元にと言うのはどうでしょうか。最後には何かポジティブな言葉や希望、達成感が感じられるような文章またはオチを付け加えて。

と、こうやって書いてみると娘は幼稚園児だったのかと思いますね。
いや親がヘリコプターなのか。

RD, ED, ED2, EA, REA

と並べられても何のことか、ですよね。
願書の種類です。

Regular Decision ( RD)
Early Decision (ED)
Early Action (EA)
Restrictive Early Action (REA)

この大学がいい、ともう決まっている場合。 ED願書を検討なさってみてください。
メリットはRDに比べて合格率が上がること。早くに決まるのでその後の高校生活が楽しめること。
デメリットはSATやACTのテストを出来るだけジュニアの間に受けておくことなどでしょうか。

ファイナンシャルエイドを他の大学と比べられないと言うデメリットもありますが、ED願書の場合大学側からの金額が不満な時は交渉をします。交渉してもまだ折り合いが付かない場合はED願書を取り下げることが出来ます。 その場合、大学によって、またその受験者によっても違ってきますが、RD願書のプールに回してくれるようです。 (各大学によって違いますのでご注意ください。TOPスクールではほぼこういうことはないと思われます。) ただし、RDに回されてまた受かるとは限りません。このあたり微妙ですので良く高校のカウンセラーと相談する必要があるかと思います。

EDの締め切りは11月初旬から中旬、 合格発表は12月中旬になります。
私は他の学校に願書を出していません。合格したら他の大学に出したRD願書もただちに取り下げます、と誓約書みたいなものにサインをします。 高校のカウンセラーからも同じような書類を出します。

ED1 ED2 と分けている大学もあります。 私が知っているのは Smith, Swarthmoreなどですが、ED2の締め切りはRDと一緒。合格発表は2月中旬ごろになります。 どこか他の大学でED不合格だった場合このED2で第二希望を確実にすると言う手もあります。

さてEAですが、 これはEDよりも少し軽く、手付け?のようなもの? 場所を確保しておくと言うことでしょうか。 大体の大学が5月1日までに実際に行くかどうかの報告をすればよいのでRD受験の様子を見て決めることが出来ます。 MITなどがEAを実施しています。

ED願書は1校にしか出せません。 EA願書と並行して出すこともできません。 中には知らん顔をして出す人が居るようですが高校のカウンセラーは決してそれはしないようにと注意をしていました。  
EA願書は他校にもEA願書を出すことが出来ます。 
ただしREA願書とある場合は1校のみ。他校にED,EA願書を出すことはできません。Yale、GeorgetownなどがREA願書を実施しています。

さて、ED願書でだめだった場合。2種類に分けられます。reject と defer です。rejectされた場合はもうチャンスがありませんが、deferならRDプールに入れられます。そこから合格するのはなかなか難しいと思いますが、無いわけではありません。 コロンビアのEDでdeferになった子、RDで入ることができました。


ED, ED2, EA, REA, ややこしいですね。 
私の書き方もややこしいですね。ごめんなさい。

こんな記事が出ていました。

Early Decision: College Admission’s Secret Handshake

このブログの記事は別として(笑)ここに出ている数字は大体合っているのではないかと思います。ソースが書いてないので少し不安ですが。

ポートフォリオ 音楽 美術 ダンス

複雑です。
専門で行く場合は各大学本当に独自の審査があるので学校の先生、専門の先生に相談する必要があります。

名門と言われている音楽大学の場合はまずその大学で教えている先生のレッスンを取る必要があると思います。(演奏で行く場合です。音楽教育その他の場合はまた違ってきます)自分の習っている楽器の先生のコネクションでアポイントメントを取ることが多いでしょうね。音大受験の場合は日本の音大受験に似ていると思って良いかと。 ただし総合大学にある音楽院の場合は成績もある程度ないと取ってくれないところが多いと思います。ミシガン大学などがそうですね。 ピーボディー音楽院はジョンズホプキンスの中、イーストマンはUロチェスターの中ですがミシガン大学より学力の審査が少し楽なような雰囲気がありそうです。
美大のこと、ダンスのことは、ごめんなさい。本当にわからないのですが、Rhode Island School of Designなどに入るのは大変だと。 この学校はブラウンと提携もしているらしく勉強も美術もしたいと言う人はブラウンを目指しRISDで美術の授業を取ると言う話を良く聞きます。
どなたか美術、ダンス関係の方、ご存知の方、補足をつけていただけると助かります。

さて、前置きが長くなりましたが、音楽や美術専門ではないけれど、ひょっとしたらマイナーで、またはアクティビティーの一環として大学側にアピールしたい場合。これも大学側の要求は千差万別なので良くアプリケーションを読む必要があるのですが。
どこの大学もArtサプリメントをつけているところが多く、まずこれを提出します。専門に習っている先生からの推薦状が必要になります。
娘が受験した大学、ウェブサイトにはこの推薦状は必要ではないとありましたが、オンラインでサプリメントを出そうとしたら推薦状がないので受け付けてくれませんでした。 大学側に問い合わせたところ郵送でもかまわないとのことで推薦状はなしでサプリメントをプリントアウトし郵送しました。
どこの大学でもそうですが、問い合わせると必ず回答があり助かりました。分からないことがあったら直接聞くのが一番ですね。

音楽の場合、大学ウェブサイトのアドミッションのところにはあまり詳しく書いてないところが多かったように思います。 かならずMusicDeptのサイトもチェックしてみてください。 受験しようと思っている人はMusicDeptの誰それにコンタクトを取ってください。なんて書いてあることも。
我が家もそれにしたがい事前にオーケストラのコンダクターに連絡をし、youtubeにあげた娘の演奏を見ていただいた訳です。

ダンスの場合、まず習っているダンススクールの先生に相談をしてみることだと思います。ほとんどのダンススクールの先生は経験済みですのでどういった傾向のダンスがアピールできるかなど良くご存知だと思います。我が家の場合は夏の間何度かプライベートレッスンを取り、先生と一緒に振り付けを考え夏の最後に撮影をしDVDを提出する予定でした。 最初に受けた大学がダンスのDVDを受け取らない学校だったので結局そのDVDは使うことなく終わったのですが。

美術の場合、これは人から少し聞いただけなので本当にあてにはならないのですが。美術専門で行かない場合でもアピールのために今までの自分の作品をポートフォリオとして作り提出または試験官に見せるうです。 有名な美術関係の大学は試験官を各都市に送り(たまに各高校に来ることもあります)そのポートフォリオを見る機会を作っていると思います。 もしこれが出来ない場合は各大学にポートフォリオを送るのですが、これが本当にさまざまでCDで良いところ、写真にして本みたいに作らなければいけないところ、このポートフォリオを作るだけでどれだけ時間とお金がかかったかと娘の友人の母親がこぼしていました。 ちなみにこの子は美術専門ではなくミッドウェストの総合大学志望、合格しました。


カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。