スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茂木健一郎さんのブログ

茂木健一郎さんのブログ
アメリカの大学の入試制度について

感じていました。

アメリカの大学に来ることが良いのかと言われると何とも答えが出ませんが、
今回の受験で感じたことがあります。

日本人の名前を見ることが中国人や韓国人より極端に少ない。

College Confidential と言うサイトに巨大掲示板があります。
College Admissions and Search

こういうサイトに投稿している中国、韓国の人は多いですが、日本人の学生は見かけなかったと思います。もちろんハンドルネームですので判断は難しいですし、 たまたま見かけなかっただけかも知れませんが。
中国から来る人たちは熱心で色々なことを尋ねています。またその英語力がすごいですね。こちらの高校生とほとんど変わりない自然な文章が目立ちました。

私にチャンスがあるかしら?と自分の成績などを出している人が多いのですが、びっくりするのは中国の高校生たちがたくさんAPクラスを取っていると言うこと。インターか何かに通っているのかも知れませんが、ジュニアの時点でAP7つ終了しかも全部評価は5なんて書いてあることもあります。 その上、合格した人たちはFinancial Aidを80%ぐらいもらっていたりするのです。 Need-baseの場合は家の収入で率が決まりますので80%と言うことは収入が平均か平均以下と言うことだと思うのですが、中国では普通に高校でAPクラスを実施しているのでしょうか。もちろん収入はドルに換算しますからその分で差が出てくるとは思いますが。 それにしてもSATは2400近くとその英語力に驚かされます。

留学生だけではなく、海外在住組でも日系の名前を目にすることが少なくなっているような気がします。 娘が数学のAwardをいただいた時、全国でTop100ぐらいまで名前がプログラムに載っていたのですが(娘はそんな載るような成績ではなく地元のブランチで最後尾ぐらいですが)100位までに中国系、韓国系の名前は目立ちましたが日系の名前は一つもありませんでした。

話がそれてしまいましたが、日本の人たちは留学することに魅力を感じなくなったのでしょうか? 何も海外で勉強するのが良いと言う訳ではありませんが。
異文化で生活することで得られるメリットの一つに交渉する力を養えることがあるかと。 相手を理解し、自分も主張するような。
茂木健一郎さんの言われるガラパゴス現象になって行くのかと少し心配になりますが。

本当に留学だけが手段ではないですし、日本でも十分に経験や体験ができると思います。 たぶん日本人の名前を目にすることがだんだんと少なくなってきて私が寂しいと感じているだけだと。




Cornell University

Undergraduate Adimissions Office

ここも行くのが大変ですね。 キャンパスツアーで出会った人たち、みんなここはネックだと言っていました。 特に西海岸から来た人たちはコーネルはパス、どうしても時間的に無理があると言う人が多かったです。
ハイウェイもないのでひたすら田舎道を行くことになります。 雪の時は大変でしょうね。 何度か前にも行ったことがある町ですが、20年ぶりぐらいになるでしょうか、町並みはあまり変わっておらずカレッジタウン独特の雰囲気は昔のままです。谷間にあるので坂道が多く一方通行もたくさんあるので要注意です。

大学のウェブサイトからもう迷子になってしまうのですが、総合大学ですので色々なカレッジが中に入っています。 それぞれインフォセッションが違うので要注意です。セッション、キャンパスツアー共に予約は要りません。インタビューはない、とありますが実際には願書を出したあと電話で行うようです。(Arts and Scienceの場合です。建築などは面接がありますので注意してください) Legacyの場合は別なので尋ねてみる必要がありますね。

たくさん分かれている大学のうち、我が家はArts and Sciences と言ういわゆるコーネルの中のリベラルアーツに行きました。  総合大学でもここやハーバードのようにリベラルアーツのことがあるので気をつける必要があります。 ただ、実際に行っていた友人の話によりますと、サービスとしてはあまりリベラルアーツの感じはなかったとのことです。(大学でサービスと言うのもおかしいですが)

まず大学構内に入るとまるでマンハッタンのような喧騒。ラッシュアワーです。アドミッションに行く人用にインフォメーションブースが設けられていてそこで駐車場の案内や駐車許可の札をもらいます。 バスやらトラックやら車やら本当に大都会のようでした。

インフォセッションはアシスタントディーンの人。 集合場所でするのかと思いきや、延々と外を歩き少し大きめの教室に、ところが、授業中で使えず違うところへ移動。これで随分時間を取られました。 説明はだいたい他の大学と同じでしたが、リベラルアーツなのに総合大学の恩恵も受けられると強調してられました。 面白かったのはSATの話の時、 SATはあまり関係ありません、SATの成績で選んでいたらお金持ちの子ばかりになってしまいます、と。 なるほど、だから我が家はSATが悪いのか、と苦笑。
ACTは少し考慮しますが、一番大事なのは取っている授業の内容とそれに見合ったGPA,ボランティア(コーネルは特にボランティアが大事とうわさされています)アクティビティーとのことでした。  それならSATを願書からはずして欲しいと思った私ですが。  SATの成績と家庭の収入の話は他の記事でも読んだことがありますが、はっきりとadmissionの人が言われたのは初めてです。

インフォセッションの途中でキャンパスツアーの時間になってしまいました。他の大学なら時間がオーバーしても問題はないのですが、ここはツアーとインフォセッションのオフィスが違います。なのでツアーは待ってはくれないのではとみなそわそわし始め、一人が抜けていいですか?と聞いて外に出ると皆ぞろぞろと。  なんだか中途半端に終わってしまいました。私たちも外へ、アドミッションオフィスの人に悪いなと思いつつ。
他の大学ではツアーの学生が自己紹介をしそれぞれ自分が希望している専攻に近いツアーコンダクターを選ぶのですが、ここはオフィスでグループ別の札を渡されこちらで選択することはできませんでした。

この日も雨で時折雷もなる始末。大きな大学ですから準備していた傘も足りずほとんどの人がびしょ濡れになりながらの見学です。それなのに建物の中に入ることはあまりなく外からの説明。 私は雷を気にしながら、びくびくと。結局教室の中、実験室の中、寮の中、何も見ることはできませんでした。
 
Cornellはユニークなシステムを取っていて、一部の学部はSUNY(ニューヨーク州立大学)になっています。 そちらに入ると州立大学の授業料ですのでかなり安くなります。 学部が自分に合わない人は3年から違う学部にトランスファーするそうです。それでも最初2年分が州立大学の授業料ですから随分違いますね。

建築科は別になっていて5年のシステム。ホテル学科?はまったく違う合否判定、その他エンジニアやアグリカルチャー たくさんの大学が集まっているので何が何なのか混乱してしまいますね。 
大きな大学は敬遠していた娘ですが、ここは他分野にわたる興味のある授業があったので願書を出すことにしました。 余談ですが受験料が70ドルと娘が受けようと思った大学の中では一番高かったです。

詐欺? 不正入学?

珍しい事件が、、
たぶんこの方が日本語で書かれると思ったら、やはり。

アメリカの入試制度の盲点を突いた不正入学事件

信じられませんね。 どうしてこんなことが起こったのか。

編入だと送る資料の出し方が違うのでしょうか。 
このハーバードの面接官は一体この先どうなるのでしょう。


最初に気がついたのは教授だとか、彼が書いたことになっている本や論文がおかしいぞと思ったと一部の報道でありました。  アンドーバーのフィリップアカデミー、MIT.ハーバードって聞けば、おおって誰でも思いますが、しかしこれほどまでに大学側がだまされるとは驚きです。

この記事ではBowdoinは中堅大学とありますが、なんのその、かなり入学が難しい大学です。 リベラルアーツのTOP5ぐらいではないでしょうか。そこに入学できたと言う事は学力も相当あるわけです。

昨日のニュースでは無実になるかも?と。 精神鑑定の結果なのか何なのか。


Middlebury College

Middlebury College Admissions

ヴァーモント州 中西部、NY州寄りにあります。 ハイウェイがないので少し行きにくいですね。 30分ほど北上すればバーリントンがあります。 ヴァーモント州は人口より牛の数の方が多いと言われていますが、まさにその通り。 ファームランドから急にキャンパスが広がりました。

ゆったりとした丘の上に広々とキャンパスがあります。 町もきれいで精錬されている感じですね。
インフォセッション、キャンパスツアーともに予約は要りません。どこの大学でも最初に行くと質問表のようなものに書き込むのですが、ここだけでした、SATのスコアを書く欄があったのは。 娘は迷っていましたが、結局そこは空欄で。(SATの成績が悪くACTで出すつもりでしたので)

インフォセッションは他の大学と同じ感じ、と言うよりも、もう私たちが慣れて(飽きて?)しまって、だいたいどこの大学でも同じようなことを言われますから。
ただここの学校の特徴はやはり語学、夏の間は色々な言語のキャンプが開かれます。
留学生は約10%。多いですね。
あとはインタナショナルリレーションシップ専攻のことを強調していました。

としゃぶりの雨の中、キャンパスツアーへ出発です。 ガイドはソフォモアの男子学生ですが、アフガニスタンからの留学生。 初めてです、留学生がガイドをしてくれるのは。 2年でこれだけ英語をマスターするのは大変だったと思います。留学前にも少しは話せたそうですが。  ここの寮には、寮母さんのような人がいます。 実際には男の人の場合もあるのですが、その人のオフィスとリビングに学生たちはいつでも行っているらしく、お菓子やらDVDやら所狭しと置いてありました。 ここでこのアフガニスタンからの留学生と寮母さんたちとのやり取りを聞くことができたのですが、本当に自分の子供のように彼のことを可愛がっているのがわかりました。
親としては安心できると言うか、暖かい気分になりましたね。

夏だったのでキャンパスでは語学研修のグループがいっぱい。 日本語のグループも居ました。 研修中は英語は禁止です。 ところが困ったことが。 ちょっと寄り道をしていてツアーからはぐれてしまったのですが、さあ、どこへ行っていいのかわからない。 そのあたりに居た学生に聞いたのですが、彼らは英語禁止です。これは面白かったですね。 会う人会う人、みんなジェスチャーで、、 ルールを守っているのは可愛いいというか何というか。 日本語グループに会えれば日本語で言ってもらえたのに、その時はいなくて残念でした。

ここの大学はインタビューは必要ありません、と明記してありました。 ただひょっとしてと思って聞いてみると、することはしますが、こちらからの質問ではなく受験生からの質問にお答えするインタビューですと。 それに合否には関係ありません、と。 それでも一応お願いしようかと思ったのですがあいにくこの日は予約でいっぱいでだめでした。 オフィスにはたくさんインタビューを受ける子たちが待っていましたね。

学部のこと、キャンパスの様子などから、娘はここは自分の行きたい学校ではないと判断したようです。 ですが友人にぴったりだとかで、このあと盛んに友達に勧めていました。私も彼女の意見と同じでその友人の母親に勧めました。(笑)こうやって誰に合うかと考えることで自分の行きたいところも見えてくることがありますね。子供たちにとって何もかも初体験、具体的に考えるのは大変なことのようです。
〔行きたくないと言っても向こうからもお断りされると思うのですが、子供たちは自分のレベルを考えずに発言をしますのでお許しいただければと〕



Bowdoin College 番外編

Bowdoin インフォセッションの様子を娘がブログに載せていました。
彼女には『内緒』でここにもUPしてみたいと思います。

日本語がつたなくて申し訳ありません。
バイリンガルへの道は程遠かったですね。
文章が分かりにくいと思いますがお許しください。


================================================

ELMER'S ICECREAM ANALOGY

自分の好きなフレーバー、(味)を考えてください。
たとえば私の好きなフレーバーはバニラ。

他の人はチョコレート、イチゴ、抹茶、Cookie Dough,などなどさまざまですね。

では、その好きな味を考え、一番好きなアイスクリームのブランドはなんですか?
たとえばBen & Jerry's、Haagen Daaz,などなど。

これで好きな味と好きなブランドが浮かび出てきます。

それが一番行きたい大学と考えてください。

その大学に受からなかったら、二番目に好きなブランドの同じ味のアイスクリーム(大学)へ行きましょう。

どっちにしたってバニラでしょ!どっちにしたってその二番目のブランドも好きでしょ?

Elmerの言いたいことはいろんな大学見るのもいいけど、
同じ「味」の大学にApplyしたほうがいいって。そしたらひとつの大学落ちても同じ「味」の大学へ行って、まだ満足できるって。

だって、アイスクリームの店に入ってHagen Daazのバニラ無かったら次のバニラのあるブランドを選ぶでしょ?

それにこのアナロジーにはもうひとつ意味が秘めこんでいる。

たとえ大学から落とされても

「ああ、嫌われてるんだ。」

「自分がいけなかったんだ。」

などなど考えるのも無駄無駄。

だって


アイスクリームショップに入ってバニラ無かったら

「自分のせいだ!」

とは言わないでしょ!

「何で無いんだ?」と思うでしょ?

だからそれだよ。

「あ、あそこの大学は自分のよさわからなかったんだな。」

と考え方を変えればいいんだよ。

ちょっと威張ってる感じなんだけど、そうでないと次へ進めないよ。
ずっとくよくよしていたら人生楽しくないし。

だったら早く次の店へ行ってバニラあるように願っていればいいんだよ!


とにかくElmerがこのこと話してくれたおかげ、ずいぶんの大学のこと違う角度から見られた。


1.同じ「味」のある大学にApplyすること。
チョコレート大学に申し込んでそれしか受からなかったら(Elmer曰く)ひどいルームメイト、かっこ悪い恋人・夫婦、そしてかわいそうな子供が出来る
自分の歩みたい人生を歩めない。満足できない。

2.たとえ受からなかったとしても同じ「味」のある大学なら満足できる。

3.受からなかったら自殺行為,一ヶ月ほど泣くのも無意味。自分は何も間違っていない。ただあの大学にあわなかっただけのこと。


結構すごい2日間だったよ。つかれたー!!!

Bowdoin College

Admissions


オンラインで予約。 インタビューもオンラインで出来るので便利です。

Batesから南西に30分ぐらいだったでしょうか。Brunswickと言う町にあります。
Colby Bowdwin  Bates Middleburyのオフィスにはお互いの地図が置いてあり、わからなければ行き方も教えてくれます。

町は閑静なアッパークラスと言うところでしょうか。 少しプリンストンの町並みにに似ていました。

さてここのインフォセッションですが、私たちのキャンパスツアーのハイライトとでもいいましょうか。 アドミッションオフィスの人と学生の2人でしたのですが、これがまるでコメディーショー。 このアドミッションの人が冗談ばかり。 こんなに笑ったインフォセッションはここだけです。 

娘が自分のブログに少しですがこの時の様子を書いていますので、番外編としてUPしておきます。 ただし娘の日本語力は本当にお恥ずかしいレベルで、アメリカ生まれのアメリカの子です。 お許しいただければと。

さて、キャンパスツアーなのですが、 インフォセッションが強烈だったのか、覚えていないのです。 大学のサイトのヴァーチャルツアーを見直したのですが、それでもさっぱり。 ツアー参加者に(子供だけですが)カフェテリアのゲストパスをくれたのはこの学校だけでした。 残念ながらカフェテリアはその時間閉まっていて使うことはできませんでした。

インタビューは若い女性のアドミッションオフィサー。学校のこと、アクティビティーのこと、大学に入ってしたいことなどを聞かれたそうです。 ファッションの話も出たとか。どこの大学でもそうですが、とても和やかにインタビューは行われるようです。どういうところを見られているのか気になりますが。 

ここで娘は大失敗をしました。 インタビューを受けたなら必ずお礼のEメール(最近はEメールで大丈夫です)を2、3日うちに出すのですが、その時に間違えてBates Collegeと書いてしまったのです。 すぐに気がついて慌ててお詫びのメールを出したそうですが、あれだけ色々な人から必ず大学の名前、オフィサーの名前をチェックしてからと言われていたのにやってしまいました。 オフィサーからは気にしないでいいよ、BatesとBowdoinは近いし本当にみんな良く間違えるからと返信があったそうですが. その後再々確認するようになったのでよい勉強になりました。







Bates College

Bates College

Colby CollegeからI-95を南下、40分ぐらいのところですね。
Coby, Bates, Bowdoinとこの3つは規模も似ていますし近いところにありますので一緒に廻る人が多いようです。 この時が一番仲良くなった家族が多かったでしょうか。前日のColbyに引き続き、ここBatesそしてBowdoinとほぼ一緒に廻りました。お互いに情報交換をしたりおしゃべりしたり、楽しかったです。

さて、Batesですが、Colbyとは違い住宅街の真ん中にあります。
町の雰囲気は小都市の典型的と言いましょうか、川を挟んで LewistonとAuburnに分かれていますが、Auburnの方が少し良く見えたような。
娘が少し嫌だったのは大学のすぐ隣に町の高校があること。 そんなこと何が嫌なのかと思いますが、大学に行ったら高校生は見たくないと言うことなのでしょうか?

インフォセッションとツアーの予約は要りません。 インタビューは事前に予約を取っておきます、が、実際には到着してからインタビューを申し込んでいる人がいました。空きがあったのでしょうね。

アドミッションオフィスは少し古い建物。 ここもリビングルームの大きなところでインフォセッションでした。卒業生でもあるアドミッションオフィサーと学生が2人、3人で学校の説明です。 リベラルアーツと言うことを強調して話していました。

このあとキャンパスツアーですがあいにくの雨。 それでもキャンセルすることはありません。 オフィスに何本か傘も用意してくれてありますから、それを借りたり、我が家は雨装備をしていたので大丈夫でしたが。

キャンパスに入ると親と子供とグループを分けられました。 ここだけでしたね、こうやって分けられたのは。 面白かったのは自分の子供が違うグループにって分かった時の親たちの慌てよう。子供ももう良い年なのですから、たかが少し離れるぐらいと思い主人の方を見ると、 ああ、 心配そうな目をして 『分かれるんだね。』って。 Oh NO!

新しい建物がどんどん増えている感じでしたね。 学生センターはなんと4,5階分吹き抜けの前面総窓ガラス。 両端には噴水を作り水の流れる音がつねにホールに流れるように。 ファイナルの時などはマッサージ師が来て無料でマッサージをしてくれるとか。 びっくりです。 その外は小さな野外シアターになっているのですが、椅子代わりになる巨大な石にはコンセントが内蔵、コンピューターなどができるように。 外です。 庭です。 そこまでしなくても、と少し思いましたが。
そこの庭にある池に冬の寒い時に飛び込むのが名物になっているそうです。

ツアーの後はインタビュー、 白人の少し年を取った男性がアドミッションオフィサーでした。 ここも他と一緒で学校で何をしているか、趣味は何か、などなど聞かれあとは質問があればと言うことでクラスのことなどを娘は尋ねたそうです。
インタビューが終わり、知り合いになった家族とおしゃべり。 そこの娘さんはまだインタビューを受けたことがないのでどんなことを聞かれるか興味津々で娘に尋ねていましたが、ス~っと横から知らないおじさんが近づいてきて何やら彼女たちの話に聞き耳たてているのです。 なんだろうと思ったら、やはりキャンパスツアーに来た子の親だったらしく、    そんな盗み聞きのようなことをしなくてもみんなで一緒に話をすればいいのに。

ダンスのプログラムが魅力的で見に行った学校ですが、どうも近くの高校が気になるらしく(なぜ?)ここは娘のリストからはずれました。



カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。