スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Review

今年のプリンストンレビューが発表になりました。

普段からここのサイトはつながりにくいのですが、今朝少しつながっただけで今は見ることはできませんね。
ひょっとして私のPCの問題?

Princeton Review College Ranking

Best Financial Aid

Bowdoin College (Brunswick ME)
California Institute of Technology (Pasadena)
Claremont McKenna College (Claremont CA)
Harvard College (Cambridge MA)
Lake Forest College (Lake Forest IL)
Princeton University (Princeton NJ)
Stanford University (Palo Alto CA)
Swarthmore College (Swarthmore PA)
Thomas Aquinas College (Santa Paula CA)
Washington University in St. Louis (MO)
Williams College (Williamstown MA)

YaleとAmherstが入っていないですね。
Swarthmoreは少ないと思っていたのに、変わったかな?

Best Value College

Swarthmore, Harvard, Wesleyan(GA), Princeton, Yale, Williams, Rice, MIT, Amherst, Wellesley

Swarthmore今年も一番ですね。 3軒先の奥さんから明日は電話があるぞ、、(娘さんが今行っています)

どこのテレビも新聞も地元の大学が何々にランクインしたとにぎやかですね。


さすが、Admission Daniel
ちゃんとJHのことは載せています。
Reviewには満足しているそうです。

Princeton Review of JHU








College Admits the Class of 2014

Amherst College 2014年の合格者情報です。

The Amherst Studet

これも見落としていました。 4月にもう出ていたのですね。

the average SAT scores were 730 for Critical Reading, 720 for Math and 730 for Writing, and the average ACT score was 32.

87 legacy students accepted and 66 recruited athletes

ファイナンシャルエイドはローンではなく賞与だと強調していますね。
そしてこのポリシーは不況でも変わることはないと。
他の大学はファイナンシャルエイドを引き下げているところもありますから、
アピールのしどころなのかも知れません。
はっきりした数字はまだですが、今年は495人ぐらいになったようです。


何かにつけてWilliamsを引き合いに出すのがおかしいですね。同じ創設者だったと思いますが、ライバル意識は本当にすごい。


ほとんど宝くじのような物だって、、 やっぱり~

WJWN Washington Japanese Women’s Network

View と言うメールマガジンを見つけました。
特集に受験事情あれこれとあったので目をひいたのですが
これがびっくり、
もう必要なことが全部書いてあります。
簡潔に必要なことを、、
だらだら書いているこのブログが本当に恥ずかしくなります。


米国大学受験事情:スクール・カウンセラーの視点
ワトリントン 小高 和恵


私もヘリコプターペアレントにならないように注意をしてきたつもりですが、
結局は、、、
ずいぶんとやってしまいました。
この先大学で色々な書類をちゃんと処理できるんだろうか
心配です、が、そんな子に育てたのは私です。 反省




“桜咲く” --- 母と息子のアメリカ大学受験奮戦記
小出 治子



すごいですね、英語が大変だったかと。
素晴らしい息子さんのようですね、性格も能力も、
そして魅力的な方なんだと思います。
大学はこういう人物を探しているのですよね、きっと。
学生同士が与える影響も選考の要素になっているのだと思います。



しかし、まいりましたね。
私がくどくどチマチマと書いているこのブログが、、

さて、この先どうしましょう。





大学の選び方

学校でchoiceプログラムとか言うのに入っていましたのでそれを使ってカウンセラーと一緒にと思っていたのですがカウンセラーとの時間が合わずどんどんと日にちが立ち、これではいけないと自分でインターネットでまず探してみようと母娘で色々と入力してみました。普段から結構2人で洋服やらなにやらのカタログをネットで見ることがあったので同じようなノリでしたね。

まずCollege Boardで。 専攻したい分野、学校のサイズ、町の大きさ、などなどと入力していきます。 ここで困ったのが専攻です。娘の場合何も決まっていませんでしたので入力のしようがありません。バイオロジー、サイコロジー、アンソロポロジ-、語学、音楽、、なんてそんなに入力はできません。 一応無難なバイオロジーで検索をしてみました。

第一段階の入力でしたのであまり気にせず、適当に。 最後は60校までそこで絞ったと思います。 その中から、学校の名前が嫌(まったく)スクールカラーが嫌(ほんとに)先輩で行っている人が嫌(ええ加減にせい)で20校までに落としたと思います。

その20校はそのままにし、今度は違う検索サイトで。 だいたいは同じ学校なのですが、数校違うものが出てきました。 それを追加して今度は各大学のウェブサイトでツアーです。ここでウェブサイトの雰囲気が嫌、と言うのでリストからはずれた学校も(何様でしょう)最初にも書きましたが、本当に洋服を探している感覚でホイホイと見て行った感じです。

最終的に人から聞いて良いって言われた大学、リストに入らなかったけれど前から気になっていた大学を入れて、20校ぐらいをリストアップ。 その時点でエクセルの表にしておきました。

さて、次は本人だけの仕事です。 各大学のウェブサイトで授業のあり方、クラスの種類、教授の情報などを見させてリストアップした学校に順位をつけました。 この作業が大変。何しろまったく時間に余裕のないジュニアですから、これはジュニアになる前の夏休みにやらせておけば良かったと思いました。いやそんなに早い時期から子供たちの意識を受験に持っていくのは大変でしょうが、かなり時間がかかるのでひやひやしました。

この大学に入れれば行きたい・・5校、 それがだめならこの大学・・・5校、 どっこもダメでもここなら絶対大丈夫だろう・・・2校、そのリストを持って学校のカウンセラーと面談です。 それがジュニアの5月でした。 一応OKでしょうと言う事で今度は私の出番です。 各大学のウェブサイトで検索をしエクセルのリストに締め切り、提出物、SATの種類、面接有無などなど。 各大学は要綱を7月から8月にかけてアップデートします。一度チェックした大学でも夏休みが過ぎたらもう一度チェックする必要があります。

実際にはキャンパスツアーでの印象が選ぶ基準に大きくかかわってきます。直接見ることで娘の意見はかなり変わりました。ただ時間にも予算にも限りがありますから、最初はウェブサイトで絞って行くのが良いかも知れません。


入学前のサマークラス

詳しくはわからないのですがあるらしいです、集中講義のようなものが。ちょうど今ごろやっていると思うのですが。
大学から招待の手紙が来た人、来なかった人。どうやって振り分けたのか 我が家には来なかった。 あるところの説明によると在学していた高校でAPなどの授業がなかった人たち対象に行われているのだとか。 基本的にこの学校はなにがしかのAPクラスまたはそのレベルのクラスを取っていないと入るのが難しい。 そのくせAPクラスのクレジットはひとつも取ってくれないのだが。
ところが地域によってはAPクラスをオファーしていないところもある。 と言うことでレベルを一環させるためにこのサマークラスがあるのだそうだ。ちなみに基本的にスカラシップでこのサマークラスは授業料、寮費ともにタダらしい。

サマークラスではないが大学に入ってからwritingのクラスを別に取ることができますと言う案内が来た。これも普通ならクレジットに入るクラスらしいがこの大学はそれをしないで必要な人は『別料金』で、8週間の集中講義を夜に受けることができると言う物。 さて、これは全員に案内が来たのか、それとも英語の成績が悪い我が家のようなところにだけ来たのか。娘はこれを取るのか取らないのか、興味津々の母です。


カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。