スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア系学生のSAT

ちょっと前の記事だと思いますが、こんなのがありました。

米国のアジア系学生、SATで成績伸ばす

College BoardのレジストレーションにEthnicを書く欄があったんですね。
任意になっているみたいなのでみんながしているとは限りませんが、
それを元に出した数字?


ついでですが、こんなのも載っていました。

企業の学生採用戦略に変化-州立大学への注目高まる

そうっか、大学に進学する前に就職のことも、ですよね。
当然と言えば当然ですが、ここまで我が家は調べませんでした。
反省。

TOP25のリストはこちら。
日本語版はありませんでしたので、英語ですが。。

The Top 25 Recruiter Picks


スポンサーサイト

AP 日本語

娘の学校は日本語のクラスがありませんでした。 当然APテストもスケジュールにはなかったのですが、カウンセラーにお願いしてセッティングをしてもらいました。なんでもかなり大変だそうで、彼女一人のために別の部屋、コンピューター、日本語の分かる先生を一人付けなければいけないと。 実際に日本語の分かる先生なんていらっしゃらなかったのですが、少し日本に住んだことのある先生がいらしてその方が付いてくれました。
 高校によってそれぞれですね、 友人の通っている高校は違う学校に行ってやってくれと言われたそうです。
APテストの申し込み締め切りは4月の始めだそうですが、カウンセラーに相談してお願いしたのは前の年の10月ごろです。一応こちらの意向を伝えておこうと思って。

さて、学校では日本語はやっておらず、このあたりは日本語学校、補習校もありませんので、全く手探り状態で準備をしました。 
参考にしたのはカレッジボードのAPサイトですが、サンプルテストやエッセイのサンプルとその評価が載っていました。

The AP Japanese Language and Culture Exam

エッセイ、漫画を見てお話を作る、対話、などなどかなり範囲が広いですね。
でも書くのはコンピューターに入力ですからワープロになります。これは助かりました。
大変だったのは事務的な日本語、応対の仕方ですね。 業務連絡のようなことはやったことがありませんから当然使い方もわかりません。 ていねい過ぎるか友達言葉になってしまうかこのあたり苦労しました。

テストのほんの数日前にこの参考書が出ていることを知りました。もう取り寄せても遅かったので買ってはいませんが、、

Cheng & Tsui's Strive for a 5 AP* Japanese Practice Tests (Full Edition)





APクラス

IVY やトップリベラルアーツの大学へ行くには取るのが必須条件かと思います。 通っている高校でできるだけ難しいクラスを取るというのを各大学要求しています。もちろんAPをオファーしていない、また数が少ない高校もありますがその場合はまた別ですね。各高校が大学に送るポートフォリオに何のAPをオファーしているか明記してありますのでそれを規準に大学側は判断するようです。
 娘の場合はソフォモアで2つ、ジュニアで3つ、シニアで6つ、もっと取っている人も居たようですが普通に上のクラスを取る子たちの平均と言ったところでした。
シニアの時、高校のスケジュールの関係でAPのCalcがABに(BC Calcの方がレベルが上です)Englishもある大学がオファーしているクラスへ(大学のクラスで成績もその大学側からつくのですがなぜかレベルとしてはAP Englishより下でした) これは娘が選んだ訳ではなく高校側の都合でこのクラスになったのですからカウンセラーがその旨願書に備考として書いてくれました。
それぐらい高校でどんなクラスを取っているかは大事と言うことでしょうか。

APテストは1年に一度しかありません。5段階評価で5が一番上です。 同じ時間に全国一斉に行われます。 娘たちが冗談ですが、それじゃあ西海岸やハワイに居る友達に問題を教えることができるじゃない、、と。(何を考えているんだか、、、)でも友達が調べたら、東海岸と西海岸では問題を変えているらしいと。

大学によってはこのAPテストの結果を持って入学してからの授業を免除、あるいは上のレベルへ飛び越えることができるところもあります。 どの科目が認められるか、またどの評価が認められるか、各大学のウェブサイト、あるいはカレッジボードで調べることができます。 これにより半年とか1年とか早く大学を卒業することが可能になることもありますので、テストの結果は重要ですね。
3年ほど前ですが、APテストの解答がどこかで行方不明、ある高校から受験した30人ほどのファイルが消えてしまいました。 APオフィスのミスで受験料は返します、と。
でも返してもらっても1年に1度のテスト、このクレジットを持って大学を早く終わらせようと思ったり。アブロードに出ようと思ってた子達はできなくなってしまったのです。 大問題なのですが、APオフィスはごめんなさい、受験料は返します、とそれだけ。とんだ災難ですね。

残念ながら娘の行っている大学はまったくAPクレジットを取ってくれません。変わっているのか何なのか、APクラスに相当するクラスがないのです。 なのでAPクレジットは大学には持って行けませんでしたが、APクラスを取ることは受験に必要でした。 
クレジットを取らないことが分かっていましたので、シニアの時のAPテストは受けませんでした。 1教科たしか90ドルぐらいだったと思います。 全部受けていたら540ドル?  大変な出費になります。
後日談 なんとクレジットは取ってはくれませんが、Calcだけは5を取っていれば違うクラスに行けたそうです。よく調べていなかった本人が悪いのですが、でもだからと言ってその分早く卒業できるわけでもないので、まあ、良いと言えば良いのですが。

ソフォモア、ジュニアで取ったAPクラスはちゃんとテストを受けました。 願書にAPテストの結果を書く欄があります。

娘の大学に来ている中国からの留学生たち、ジュニアの時点でAP7つ修了、しかも評価は5なんて子ばかりです。 一体中国はどういう体制なのでしょうか。 インターに行っている子たちでもありませんが、かなりの英語力があると思われます。

Velcro Parents

また新しい言葉が出てきましたね。
ヘリコプターのあとは ヴェルクロ 日本だとマジックテープ?

Velcro Parents

会う人、電話をかけてくる人、メールでたずねてくる人、
とにかくみんなに聞かれます。
大丈夫? って

大学側も考えていましたよ。 
オリエンテーションのプログラムには父兄参加をお勧めとか
学生のみ、とか、
で2日目の午後に、このプログラムで父兄の参加は終了です。
とはっきり明記。

さっきCollege Confidentialを覗いたら盛り上がっていました、この話題で。
泣いたわ~、つらいわ~、 大変だわ~

我が家は、 結構すんなりでした。 だと思います。
でもすでにスカイプ2回、texは一日2回ぐらいしてました。
これってVelcroですよね。  

ファイナンシャルエイド

友人が、とてもじゃないけど大学費用5万ドルもどうやって払えって言うの!って。
(彼女の息子はとても優秀です。スポーツも中学の時からVersityです。)
ああ、やっぱり。 私もファイナンシャルエイドのことは何も知らなくて主人にまかせっきりだったので、実際に大学から金額を言ってくるまで全額払うものだと思っていました。彼女はファイナンシャルエイドはローンでいずれ返さなければいけないと思っていたそうです。 言葉の統一が出来ていないのでしょうか、学校によって様々な表現があるように思えてきて。(私が理解できていないだけ?)


コマーシャルサイトですが、ここが少し詳しいかも。
http://www.midtownplanning.com/tuition.html

それからあまり引用はしたくないのですが、
他に表が出ているところが見つからなかったので
http://en.wikipedia.org/wiki/Need-blind_admission
ニードブラインドの大学リスト。
http://en.wikipedia.org/wiki/Student_financial_aid
ファイナンシャルエイドを申請できる収入の上限
(ご注意:あくまでも参考程度になさってください。これ以外にも対象の大学はあるでしょうし、また年によって違ってくる大学もありますので、各大学のサイトで確かめていただければと思います)

さて、ニードブラインドの大学にするか、メリットベースの大学にするか。

たとえばMedical Schoolが近くの大学と提携して優秀な学生をUndergraduateから集めることもあります。大学に入る時点でMedicalの審査もしてしまうわけです。 たいていの場合はUndergraduateはタダ、Medicalもタダ、ただし合格率はとてつもなく低く審査は何段階もあり、面接に次ぐ面接。 娘の友人がこのシステムで進学します。

他の例ですが、Northeasternに全奨学金で行った子。Ivyに楽々入れる成績だったのですが、メリットベースで5年間(Northeasternはインターンシップだったか何かだったか5年で卒業です) 今5年目ですがスイスの国際機関でインターンシップをしています。 5年間のうち3分の1は海外だったでしょうか。(中国、スペイン)
Americanに行った子。オーナードームにオーナークラスをオファーされ、tuitionは半額。今年シニアで卒業をする予定ですが、とても充実した大学生活が送れたと。


授業料は本当に高くなっています。 数字を見ただけでめまいがしますね。
でもそれにとらわれず、子供たちが行きたいところ、やりたい分野が強い大学、まずそれを優先してみてそれから授業料のことは考えるほうが良いかもしれません。

EDで受かってもファイナンシャルエイドの折り合いがつかなければキャンセルすることができます。(私が調べた学校は全部そうでしたが、中には違うところもあると思いますのでご注意を)たいていの大学がその場合はRDのプールに入れなおすようです。どこのAdmissionもファイナンシャルエイドのことは相談してくださいと言っています。 メリットベースの場合ですが実際に交渉して増えた人も居ます。またオファーが少なかったので行きませんと言ったらその後何度もコンタクトを取ってきてジリジリとエイドの額を上げてきた大学もあります。 ちょっと信じられませんが、8月の末まで色々と言ってきていたようですよ。

行きたい大学があればお金のことは気にせず受けてみてエイドのオファーが少なければ交渉する。 それから行くかどうか考える。 

ただ注意したいのは、受かっているのにファイナンシャルのことでその大学をあきらめなければいけない場合。娘の友達たちが話しているのを盗み聞き(失礼)していると子供にとっては相当ショックなことのようです。当然のことですが。  
そのあたりのケアーを、事前にお子さんたちと話し合った上で受けたいところを受けさせてあげると言うのはいかがでしょう。


大学の選び方 3  リベラルアーツ

リベラルアーツ

これ、どうやって訳したらよいのでしょう。 色々と皆さん解説していらっしゃいますが、もう一つピンとくるものがなく。私もよく把握していないのでどうやって説明したらよいのか、困ってしまいますね。
日本の方だけではありません、アメリカ人でもなんとなくは分かっていても詳しく言える人は少ないかも知れません。 

教養課程の大学? 大学院がない大学? 研究をしない大学? 文系の大学?でもどれもあてはまりませんね。 HarvardにもCornellにもYaleにもリベラルアーツはあります。 リベラルアーツを含んだ総合大学と言ったほうがいいでしょうか。 Wesleyan などは総合大学ではなくリベラルアーツのカテゴリーに入っているのに大学院もあります。UnivesityだからCollegeだからって訳でもないようですね。主人はリベラルアーツ出身ですが物理専攻でした。 専攻ばかりではなく少し寄り道がしやすいのがリベラルアーツ? でも2年目の最後まで専攻を決めなくてよいUniversityもたくさんありますからこれも違いますね。 多分規定はあるのでしょうが、一般人にはなんとも理解しにくいですね。


さて、では独断と偏見で感じたことを。
娘のオリエンテーションに伴い保護者のオリエンテーションに参加してきました。典型的なリベラルアーツカレッジです。 学長の挨拶、教授たちとのレセプション、学部ごとの説明会、学生、教授、サポートグループが集まった説明会。 どの説明会でも強調していたのは、この大学は専攻を強要しません、卒業の時にはなにがし専攻とつきますが、だからと言ってその専攻の大学院に行く人ばかりではありません、と。 
統計学を取ったつもりがほとんどエッセイの課題で、音楽をとったつもりがほぼ数学でした、なんて在学生が説明したり。 で、トドメはフレッシュマンのための最初の講義。 ゲストスピーカーは英語専攻で大学院は医学部に進みノーベル賞を受賞した卒業生、音楽家が数学に興味を持ちやがて天文学に入り天王星を発見した(ハーシェル)話を。ここまでくると学校ぐるみで子供たちを洗脳しようとしてる?なんて思ってしまいますが。

ますますわからなくなって来ましたが、こうなってくるとリベラルアーツに行くのならしっかりしたポリシーを持っている大学か、それとも学生本人がしっかり目標を持っているか、の方がいいのかも知れません。 各大学のポリシーは学校のランキングには出てきませんので見極めるのが大変だと思いますが。 

ただ各学生に柔軟に対応する態度はすでに感じています。 アドバイザーになる教授は大人数の学生を担当しないようですし、クラスも少人数、一人でも授業はしますと言っていたのも本当なようです。 娘の取るクラスの中には学生2人だけのものがあります。(ちょっと特殊ですが) 教授が1人とアシスタントが1人。2対2? 少なすぎるのもやりにくいかも、、、

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。