スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度 ED願書応募数

2011年度 ED願書の応募数が出ています。

11月18日の記事ですが、応募数はUpdateするようですね。
軒並み昨年より多くなっています。
大学によってはこのED願書で定員の半分ぐらい埋まってしまうところも。

Early-Decision Applications Surge at Vanderbilt, George Washington and Dartmouth

去年はWilliamsのED願書が少なくなったのですが今年はAmherstが少なくなっていますね。Amherstは今年も定員を増やすと思われますので、ねらい目だったかも。(4年計画で学生数を2000人近くまで増やすとか)

いずれにしろ、この大学にぜひ行きたいと言うところがあってその大学のFAがNeed-Blind-Baseの場合、ED願書で受験するのが良いと思いますがいかがでしょうか? 何かED受験でマイナスなことをご存知の方お教えいただけますか?



スポンサーサイト

ED願書の注意点

ED1願書の締め切りは11月1日あるいは11月15日が多いと思いますが、忘れてはいけないのが、高校から提出してもらう1st Periodの成績です。 学校の始まる時期にもよりますが高校のシニア、最初の成績が出るのが感謝祭のころ、または感謝祭あとになることが多いかと思います。 
ED合格発表が12月10日から15日、短い期間でアドミッションオフィスは合否判定をしますのでこの成績が遅れると判定ができないことにもなりかねませんね。
忘れずに高校側に提出をしたかどうか確認を取ることをお勧めします。遅くとも12月1日までに提出でしょうか。もしそれより遅くなる場合は出来れば高校のカウンセラーから、それが無理なら自分で大学側にその旨伝えておいたほうが良いかも知れません。

(私個人の感想ですが、ED願書においてこの1st Periodの成績は大変重要ではないかと思っています。シニアになって成績が上がっていればプラスになるのではないかと。大学側はたとえ高校のフレッシュマンの成績が悪くてもそのあとの上がり具合を見ると言われています。 反対にどこかで落ちている場合はなぜ落ちたのか、大きな理由があるのかを考慮する場合もあるとか。)

娘の場合、この1st Periodの成績を高校側が忘れていたようでした。 感謝祭が終わっても大学側のオンライン願書の項目にチェックが付いていませんでしたので娘がガイダンスカウンセラーに聞いたところ、「あ!」って言われたとか。 この成績もオンラインですぐに入りますのでセーフでしたが。

願書を出す時期、出した後

今、RD受験の方は提出物をそろえるのに大変なころでしょうか。受験生もサポートの親も一番ストレスが多くなる時期だと思います。 喧嘩をしている訳ではないのですが、何となく家の中がツンツンしている雰囲気が我が家にはありました。

願書を出すタイミングですが、あるアドミッションオフィサーに尋ねたところ、早く出したから、遅く出したからと違いはないと言う事でした。 (もちろん締切後はいけませんが) 早い人では9月の初めに送られてきたこともあったとか。書類は送られてきた順番に見るのではなく、締め切り後に一斉に見ると言う話でした。
ただオフィサーに上がるまでのスクリーニングをしているところでは到着順に見ているかも知れませんね。

高校のカウンセラーにはどこの大学に受けるか伝えなければいけません。 成績、カウンセラーからの評価などなど直接受験する大学に送ってもらうのですが、その準備に最低2週間はかかるので少なくとも願書締め切りの2週間前までにはガイダンスオフィスに連絡をすることになっていると思います。

最初に願書を出した時点で各大学から受け取りましたなどと言うEメール、または手紙が来ると思います。 余談ですがある掲示板で私のところには来ないと書いている子が、他の人が色々とたずねたところ締切日の次の朝に出していたことがわかり。。。 こちらまで胸が痛くなりました。

さて、様々な書類や成績がちゃんと大学に届いているのかどうか、殆どの大学がウェブで確認できるようになっていると思いますが、頻繁にチェックをして入っているのかどうか確かめる必要があると思います。 高校側が忘れていた、またはリストから漏れていたので送っていなかったと言う話をチラホラと聞きます。 また推薦状を書いてくださる先生が“うっかり”していて送るのを忘れていた、と言うこともあります。 

大学によってはこれこれの書類が揃っていませんよ、と連絡をしてくるところもあります。
我が家はEDで受かったので他の願書は取り下げたにもかかわらず、RD願書を出した大学から書類不備と連絡がありました。 IVYの大きな大学だったのですが、細かくチェックをしているんだなと感心したことを覚えています。
ですが、やはり自分で煩雑に確認することが一番かと。 

もし送っているのにデータに入っていない場合は直接大学に電話で確認することをお勧めします。各大学データに入るまでに○日ほどお待ちくださいと書いていますが、締め切りが迫っている場合は待たずに電話で確認しても良いかと思います。 

色々なことを大学側に尋ねるのは、、と思いがちですが、こちらの大学はそのような心配は要らないと思います。 分からなければ直接尋ねる。 これが基本かと。
ただし常識範囲の中でですが。

RD受験の皆さん、もう少しです。 今が峠です。
これが終わればゆっくりクリスマスやお正月が。。。
応援しています!!!




College Sustainability Report Card 2011


Report Card 2011
さてこのレポートカードから何を読み取りましょうか。
昨年まではA-が一番上だったのに、今年からはAの大学がたくさん出ましたね。

例によって独断と偏見で申し訳ありませんが、私が気になったのは各大学の資産です。他のサイトでも調べられますから別にこのレポートを参考にしないでも、ですね。

資産は運用の仕方にもよりますが、大学の設備、ファイナンシャルエイドへの影響、学生への様々なサポートなどなどにかかわってくるかも?(素人考えです) それを思うとどこの大学が一番親にとって(親にとって、ですねえ、笑)高い授業料を払っても心を落ち着かせていられるか。     なんて。。。

大きな大学はもう数字がすごくて目が回りそうでしたので、LACで資産が$1,000 million以上のところを書き出してみました。どこか見落としていたらごめんなさい。 この中から学生数で頭割りするとしたら、やはり東のトップはAmherstとSwarthmore,西のトップはPomonaでしょうね。


Amherst College
$1,386 million

Pomona College
$1,499 million

Smith College
$1,273 million

Swarthmore College
$1,129 million

Wellesley College
$1,266 million

Williams College
$1,400 million

(数字の出た時期が各大学で違っていますのではっきりとは比べられませんが。)

親はこうやって何だかんだああだこうだ言いますが、要するに本人次第です。
大学に行ったら出来るだけ色々なものを吸収して消化できるような体制を整えるのを親は手伝う?見守る?
家から巣立って行く前にそういうことに配慮すれば良かったと、今になって思います。  遅い!!!


エッセイサブジェクト

ユニークさを求めているのか、アカデミックレベルを求めているのか、アドミッションオフィサーがどんな基準で選んでいるのかはそれぞれあると思うのですが、一日に相当数のエッセイを読むとするとやはり人を引き込むタイトル、出だしのつかみと言うのは重要だと思います。
アクティビティーやアピールしたいことを、「私はコレコレをやっています。」と書くのではなく、お話の中に組み入れる、スキットなどを書くつもりでそれとなく背景がわかるようにすることかも知れませんね。 一番読みたくないのが、私の名前は○○です。こういうことに興味があります、それはこんなことです。とツラツラと書くことでしょうか。


Johns Hopkinsが昨年のエッセイをアドバイスとして出しています。アドミッションオフィサーのコメントもあるので参考になるかも。 
Essays That Worked

エッセイについて分からないことがあればここにスレッドが立っています。
College Confidential College Essays

ただし、各大学によってレベルが違ってきますので志望大学が分かっている場合は大学スレッドを見たほうが良いかと。
College confidential, College and Universities

昨年のおもしろエッセイサブジェクト
20 Strange College Application Essay Questions

今年のエッセイサブジェクト
'Find x' and other unusual college essay questions


手前味噌ですが、このブログで書いた他のエッセイコラム
エッセイ

親に出来そうなエッセイアドバイス

個人的な提案です。
英語が得意でない私は娘にアドバイスなんてとてもとても出来ませんでした。でもアイデアの提案や読んだ感想は少し言えたかも知れません。 英語が苦手な外国人でも一発でおもしろいと思えるようにすぐに要点がつかめインパクトのあるものがいいんじゃない?。なんて変な助言もしました。

もしお子さんがエッセイで躓いているとしたら、アイデアがないと言ったのなら、これが成功するかどうかはわかりませんが。。。
まずボランティアなりアクティビティーなり今まで本人が体験したことで一番おもしろかったこと、つらかったこと、人とは何か違った体験をしたことを思い出してごらん、と。親からみてこれすごかったじゃない?なんて思うものも提案したり。
つらつらと箇条書きにしてみると何か各大学のサブジェクトにあてはまるものが(少々こじつけでも、、?笑)あるかもしれません。それを元にと言うのはどうでしょうか。最後には何かポジティブな言葉や希望、達成感が感じられるような文章またはオチを付け加えて。

と、こうやって書いてみると娘は幼稚園児だったのかと思いますね。
いや親がヘリコプターなのか。

大学の選び方 5 州立大学

あまりたいしたことは書けないのですが、、、
地域によって州立大学の内容はかなり違ってくると思いますが、北東部あたりでは一般的に私立の方が人気があります。 このあたりは高校のtop10%の成績で州立に行くのは稀と言える地域です。
ただし州立大でもその専門に魅力的な分野もあるのでそれはまた別のお話になりますが。

さて、最近娘の友人たちやその親たちから聞いた話。 州外の州立大に行った子たちのお話です。
何人か居るのですがほとんどがホームシックになったようです。 このあたりの州立大では自宅近くから来ている子が多いので週末やロングウィークエンドには家に帰る人が多いとか。なので寮はシ~ンと。
アクティビティーやスポーツをやっている子は別でしょうが、何もない、また、普段から決まった友達と遊んでいたと言う子たちは苦労をしたようです。殆どもうこの時期克服した子が多いですが、一人は未だ模索中、またあまり知らない子ですがすでに大学を辞めて家に戻って来ている子もいるようです。

州外の州立大はそのあたりも考慮するべきかも知れませんね。友達を作るのが上手な子、または友達がいなくても大丈夫な子、アクティビティーに積極的に参加する子、アスリートで行く子、そうでない場合は少し気をつけたほうが良いかも知れませんね。
ま、これも大学に行って花が咲くと言う事もありますから転ばぬ先の杖かも。 子供の能力は計り知れないものがあります。


カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。