スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Colby College

Admissions

メイン州の中部Watervilleと言う町にあります。 ボストンから北に約2時間ほどでしょうか。こじんまりとしたニューイングランドの町です。 病院が整備されているのか元気なお年寄り?の姿が目立ちました。冬はフロリダ夏は北東部で過ごすスノーバードと言われるリタイアした人たちが多いようです。斜陽な雰囲気はありません。

気に入りました。 娘、主人、私、3人とも本当に好きになった学校です。
事前の情報では、ここは教授と学生のつながりが強くプライベートでも一緒に行動することが多いとか。 希望専攻の教授と仲が良くなれば大学院への推薦も取りやすいのでは?と。

まずアドミッションオフィスに入った途端、受付の人、ボランティアの学生たちから笑顔(普通の笑顔ではありません、Big Smileです、笑)で迎えられ、リラックスしたフレンドリーな雰囲気が満ちていました。 リビングルームを少し大きくしたような部屋でインフォセッション。これも家庭的な雰囲気で和やかに。 

ここの特徴は SATの提出方法です。 SATⅠでもSATⅡでも、その中から3つ選んで提出すれば良いそうです。 自分の得意科目だけ送ることができると言うことですね。もちろんACTも取りますが、その場合はSATは要りません。

受験料はCommon App.を使えば無料です。もともと30ドルと低い受験料ですが、エコロジーのためペーパーレスだと30ドルは取らないと。 (話はそれますが、今年度は受験料免除と言う大学が目立ちました。Common Appで入れようとするともうすでに大学から支払われていることになっていたり、 Brownなどもそうです)

とても感じの良いインフォセッションのあとキャンパスツアーです。
ガイドはJr.の男子学生です。冬には雪が多く降るので建物と建物の間がつながっているところが多かったですね。 一番驚いたのはカフェテリア。 食堂に入る前にたくさん棚があって学生たちが自分の荷物を置くらしいのですが、ラップトップでもI-podでもそこに置きっぱなしにして大丈夫なんだそうです。 盗られた、なくなったと言う話は聞いたことがない、とか。 これは本当に驚きました。  鍵もかからないしかもオープンな棚の中が安全? 

バイオロジーの実験室が新しく設備も整っていたようですね。 寮は狭くもなく広くもなく普通でしょうか。 エコロジー寮と言うのがありまして、環境保護に関心を持った生徒が入るようですが、燃料をあまり使わずお湯もなくて生活しているそうです。あの寒いメイン州では相当厳しいでしょうね。 街中にあったキャンパスを何年か前に移転したそうで、なだからな丘の上にほどよく建物があります。 図書館を出たところからの山並みの景色は最高でした。

インフォセッションのあとインタビュー 他の大学と同様、娘だけをどこかに連れて行き終わったあと親のところまで来て、何か質問はありますか? と。これはどの大学でも一緒です。 アドミッションオフィサーが直接インタビューをしました。アクティビティーに何をしているか、ボランティアはどうかなどと聞かれたそうです。その後は世間話。 黒人の男の方でしたが話しが弾み楽しかったそうです。

町をぐるりと回り観察。 土地の人たちの感じも良かったですね。 
娘は本当にこの大学が気に入りました。 出会う人出会う人、皆感じよく笑顔いっぱいだったので安心したのでしょうね。 でもそう言うことも充分選択肢の一つになるのではと思いました。 


コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/23-f617111d

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。