スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bates College

Bates College

Colby CollegeからI-95を南下、40分ぐらいのところですね。
Coby, Bates, Bowdoinとこの3つは規模も似ていますし近いところにありますので一緒に廻る人が多いようです。 この時が一番仲良くなった家族が多かったでしょうか。前日のColbyに引き続き、ここBatesそしてBowdoinとほぼ一緒に廻りました。お互いに情報交換をしたりおしゃべりしたり、楽しかったです。

さて、Batesですが、Colbyとは違い住宅街の真ん中にあります。
町の雰囲気は小都市の典型的と言いましょうか、川を挟んで LewistonとAuburnに分かれていますが、Auburnの方が少し良く見えたような。
娘が少し嫌だったのは大学のすぐ隣に町の高校があること。 そんなこと何が嫌なのかと思いますが、大学に行ったら高校生は見たくないと言うことなのでしょうか?

インフォセッションとツアーの予約は要りません。 インタビューは事前に予約を取っておきます、が、実際には到着してからインタビューを申し込んでいる人がいました。空きがあったのでしょうね。

アドミッションオフィスは少し古い建物。 ここもリビングルームの大きなところでインフォセッションでした。卒業生でもあるアドミッションオフィサーと学生が2人、3人で学校の説明です。 リベラルアーツと言うことを強調して話していました。

このあとキャンパスツアーですがあいにくの雨。 それでもキャンセルすることはありません。 オフィスに何本か傘も用意してくれてありますから、それを借りたり、我が家は雨装備をしていたので大丈夫でしたが。

キャンパスに入ると親と子供とグループを分けられました。 ここだけでしたね、こうやって分けられたのは。 面白かったのは自分の子供が違うグループにって分かった時の親たちの慌てよう。子供ももう良い年なのですから、たかが少し離れるぐらいと思い主人の方を見ると、 ああ、 心配そうな目をして 『分かれるんだね。』って。 Oh NO!

新しい建物がどんどん増えている感じでしたね。 学生センターはなんと4,5階分吹き抜けの前面総窓ガラス。 両端には噴水を作り水の流れる音がつねにホールに流れるように。 ファイナルの時などはマッサージ師が来て無料でマッサージをしてくれるとか。 びっくりです。 その外は小さな野外シアターになっているのですが、椅子代わりになる巨大な石にはコンセントが内蔵、コンピューターなどができるように。 外です。 庭です。 そこまでしなくても、と少し思いましたが。
そこの庭にある池に冬の寒い時に飛び込むのが名物になっているそうです。

ツアーの後はインタビュー、 白人の少し年を取った男性がアドミッションオフィサーでした。 ここも他と一緒で学校で何をしているか、趣味は何か、などなど聞かれあとは質問があればと言うことでクラスのことなどを娘は尋ねたそうです。
インタビューが終わり、知り合いになった家族とおしゃべり。 そこの娘さんはまだインタビューを受けたことがないのでどんなことを聞かれるか興味津々で娘に尋ねていましたが、ス~っと横から知らないおじさんが近づいてきて何やら彼女たちの話に聞き耳たてているのです。 なんだろうと思ったら、やはりキャンパスツアーに来た子の親だったらしく、    そんな盗み聞きのようなことをしなくてもみんなで一緒に話をすればいいのに。

ダンスのプログラムが魅力的で見に行った学校ですが、どうも近くの高校が気になるらしく(なぜ?)ここは娘のリストからはずれました。



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/24-252522f3

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。