スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cornell University

Undergraduate Adimissions Office

ここも行くのが大変ですね。 キャンパスツアーで出会った人たち、みんなここはネックだと言っていました。 特に西海岸から来た人たちはコーネルはパス、どうしても時間的に無理があると言う人が多かったです。
ハイウェイもないのでひたすら田舎道を行くことになります。 雪の時は大変でしょうね。 何度か前にも行ったことがある町ですが、20年ぶりぐらいになるでしょうか、町並みはあまり変わっておらずカレッジタウン独特の雰囲気は昔のままです。谷間にあるので坂道が多く一方通行もたくさんあるので要注意です。

大学のウェブサイトからもう迷子になってしまうのですが、総合大学ですので色々なカレッジが中に入っています。 それぞれインフォセッションが違うので要注意です。セッション、キャンパスツアー共に予約は要りません。インタビューはない、とありますが実際には願書を出したあと電話で行うようです。(Arts and Scienceの場合です。建築などは面接がありますので注意してください) Legacyの場合は別なので尋ねてみる必要がありますね。

たくさん分かれている大学のうち、我が家はArts and Sciences と言ういわゆるコーネルの中のリベラルアーツに行きました。  総合大学でもここやハーバードのようにリベラルアーツのことがあるので気をつける必要があります。 ただ、実際に行っていた友人の話によりますと、サービスとしてはあまりリベラルアーツの感じはなかったとのことです。(大学でサービスと言うのもおかしいですが)

まず大学構内に入るとまるでマンハッタンのような喧騒。ラッシュアワーです。アドミッションに行く人用にインフォメーションブースが設けられていてそこで駐車場の案内や駐車許可の札をもらいます。 バスやらトラックやら車やら本当に大都会のようでした。

インフォセッションはアシスタントディーンの人。 集合場所でするのかと思いきや、延々と外を歩き少し大きめの教室に、ところが、授業中で使えず違うところへ移動。これで随分時間を取られました。 説明はだいたい他の大学と同じでしたが、リベラルアーツなのに総合大学の恩恵も受けられると強調してられました。 面白かったのはSATの話の時、 SATはあまり関係ありません、SATの成績で選んでいたらお金持ちの子ばかりになってしまいます、と。 なるほど、だから我が家はSATが悪いのか、と苦笑。
ACTは少し考慮しますが、一番大事なのは取っている授業の内容とそれに見合ったGPA,ボランティア(コーネルは特にボランティアが大事とうわさされています)アクティビティーとのことでした。  それならSATを願書からはずして欲しいと思った私ですが。  SATの成績と家庭の収入の話は他の記事でも読んだことがありますが、はっきりとadmissionの人が言われたのは初めてです。

インフォセッションの途中でキャンパスツアーの時間になってしまいました。他の大学なら時間がオーバーしても問題はないのですが、ここはツアーとインフォセッションのオフィスが違います。なのでツアーは待ってはくれないのではとみなそわそわし始め、一人が抜けていいですか?と聞いて外に出ると皆ぞろぞろと。  なんだか中途半端に終わってしまいました。私たちも外へ、アドミッションオフィスの人に悪いなと思いつつ。
他の大学ではツアーの学生が自己紹介をしそれぞれ自分が希望している専攻に近いツアーコンダクターを選ぶのですが、ここはオフィスでグループ別の札を渡されこちらで選択することはできませんでした。

この日も雨で時折雷もなる始末。大きな大学ですから準備していた傘も足りずほとんどの人がびしょ濡れになりながらの見学です。それなのに建物の中に入ることはあまりなく外からの説明。 私は雷を気にしながら、びくびくと。結局教室の中、実験室の中、寮の中、何も見ることはできませんでした。
 
Cornellはユニークなシステムを取っていて、一部の学部はSUNY(ニューヨーク州立大学)になっています。 そちらに入ると州立大学の授業料ですのでかなり安くなります。 学部が自分に合わない人は3年から違う学部にトランスファーするそうです。それでも最初2年分が州立大学の授業料ですから随分違いますね。

建築科は別になっていて5年のシステム。ホテル学科?はまったく違う合否判定、その他エンジニアやアグリカルチャー たくさんの大学が集まっているので何が何なのか混乱してしまいますね。 
大きな大学は敬遠していた娘ですが、ここは他分野にわたる興味のある授業があったので願書を出すことにしました。 余談ですが受験料が70ドルと娘が受けようと思った大学の中では一番高かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/29-7ed9f1d5

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。