スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたです。

US News & World Report's College Rankings

もうこの時期ランキングはうんざり、と思いますが
やはり一応載せておきますね。



でもこういうのは役に立つかもしれません。

Best Colleges: Highest graduation rates

卒業率ですね。

これが高いほど大学のケアーが良いと言うことかも。落ちこぼれをなくす努力を大学側がしている、と期待するのですが。  この率の高い大学は色々なプログラムを組んでいるのでは? フレッシュマンの間のライティングクラス、上級生や教授が行うstudyヘルプ、アドバイザーとのコミュニケーションなどなど。
(ごめんなさい、まだ娘は大学へ行っていないので予想、または希望?として発言しています)

Best Colleges: Top 100 - Lowest Acceptance Rates

これは比較表としてどこの学校を選ぶかの参考になるかもしれません。 CurtisとCooper Unionは特殊な学校です。 Curtisなど受験までにすでに振り分けられてますから実際にはもっと低い合格率かも、その上管弦楽系は学年ではなく学校全体の数で決めますからその年によって募集がないこともあります。ただし音楽関係特に演奏関係は(他の分野でも同じことが言えるかもしれませんが)専門の先生次第なので学校より自分の専門楽器の先生で選ぶのが懸命かと。


各雑誌社の基準によるランキングは、ハイハイと聞き流しますが、上記のように実際の数字が出ているものは参考になるかもしれませんね。



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/61-6c958894

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。