スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め家庭教師

SAT, ACT, 数学、カレッジエッセイ、受験全般、などなど娘の友達たちの家庭教師の範囲はこんなところでしょうか。 あと稀ですが、ダンスやスポーツ、美術などの家庭教師を雇っていた家庭もあったようです。

我が家は一時SATの家庭教師を考えました。 
SATの項目にもあるとおりとにかく悲惨な状態だったので。 
しかし時間も短く適当な先生を探せなかったことから断念しました。
あとスポーツはプライベートなどを取っていましたので家庭教師?とでも言えるでしょうか、でもこれは特殊な例です。

さて、お勧めしたいのはプレゼンテーションの家庭教師。 一風変わっていますし、どこにでもこういう先生がいらっしゃるとは限りませんが。

知人に企業向けプレゼンテーションやコミュニケーションの講習をしている人がいました。彼とおしゃべりしている時にふと、teenager向きの講習はどうなんだろうって話になり、それならウチの娘を使って一度やってみるかと言うことに。

ソフォモアの冬だったと思います。 まず彼(先生)が家に来てハ~イから始まるのですが、その時の娘の態度からチェック。 グリーティングはもう少し長めに、握手をするのは原則的には女性からだからもう少し早めに手を出すように、その時一歩前に踏み出る、などなど、もう玄関を入った時からダメ出しがありました。
私は2階に隠れて(?)いたのですが、耳はダンボ!何を言われてるのか興味津々で。

最初のレッスンは2時間ほどだったでしょうか。 基本的な1対1の話の仕方から始まって実際に学校の授業で行う予定だったプロジェクト発表のシュミレーション。 聞いている人たちの態度の見方、アプローチの仕方、プレゼンテーション中の手の使い方、アイコンタクトの仕方、 と書くと何かすごいことのようですが、要するに基本的な人に接する態度ですね。

実際この次の週に学校で発表をした際、色々と思い当たるふしに出会ったみたいで娘は結構このレッスンが気に入ったようでした。

その後2ヶ月か3ヶ月に一度のペースで何度かレッスンを。

これが役に立ったのは大学受験時のインタビューです。 娘を観察していると握手の仕方から受け答え、かなりこのレッスンの成果が出ていました。 まあ役に立ったと思っているのは親だけかも知れませんね、インタビューがどれだけ加算されるかもわかりませんし。

でも大人とちゃんと話をする、会話の中に上手く加われる、ちゃんとお礼が言える(当たり前のことですが)ちゃんとお礼の手紙が出せる(これまた当たり前ですが) そういう基本的なことが親ではなく他人から教わったことが良かったかと思います。

裏を返せば親が何も躾けていなかったと言うことです。(お恥ずかしい)

プロの先生を探すのは大変だと思いますが、少しおしゃべりの上手な知り合いの方がいらっしゃったらお願いしてみるといいかも知れませんね。 


コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/64-8276c26b

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。