スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APクラス

IVY やトップリベラルアーツの大学へ行くには取るのが必須条件かと思います。 通っている高校でできるだけ難しいクラスを取るというのを各大学要求しています。もちろんAPをオファーしていない、また数が少ない高校もありますがその場合はまた別ですね。各高校が大学に送るポートフォリオに何のAPをオファーしているか明記してありますのでそれを規準に大学側は判断するようです。
 娘の場合はソフォモアで2つ、ジュニアで3つ、シニアで6つ、もっと取っている人も居たようですが普通に上のクラスを取る子たちの平均と言ったところでした。
シニアの時、高校のスケジュールの関係でAPのCalcがABに(BC Calcの方がレベルが上です)Englishもある大学がオファーしているクラスへ(大学のクラスで成績もその大学側からつくのですがなぜかレベルとしてはAP Englishより下でした) これは娘が選んだ訳ではなく高校側の都合でこのクラスになったのですからカウンセラーがその旨願書に備考として書いてくれました。
それぐらい高校でどんなクラスを取っているかは大事と言うことでしょうか。

APテストは1年に一度しかありません。5段階評価で5が一番上です。 同じ時間に全国一斉に行われます。 娘たちが冗談ですが、それじゃあ西海岸やハワイに居る友達に問題を教えることができるじゃない、、と。(何を考えているんだか、、、)でも友達が調べたら、東海岸と西海岸では問題を変えているらしいと。

大学によってはこのAPテストの結果を持って入学してからの授業を免除、あるいは上のレベルへ飛び越えることができるところもあります。 どの科目が認められるか、またどの評価が認められるか、各大学のウェブサイト、あるいはカレッジボードで調べることができます。 これにより半年とか1年とか早く大学を卒業することが可能になることもありますので、テストの結果は重要ですね。
3年ほど前ですが、APテストの解答がどこかで行方不明、ある高校から受験した30人ほどのファイルが消えてしまいました。 APオフィスのミスで受験料は返します、と。
でも返してもらっても1年に1度のテスト、このクレジットを持って大学を早く終わらせようと思ったり。アブロードに出ようと思ってた子達はできなくなってしまったのです。 大問題なのですが、APオフィスはごめんなさい、受験料は返します、とそれだけ。とんだ災難ですね。

残念ながら娘の行っている大学はまったくAPクレジットを取ってくれません。変わっているのか何なのか、APクラスに相当するクラスがないのです。 なのでAPクレジットは大学には持って行けませんでしたが、APクラスを取ることは受験に必要でした。 
クレジットを取らないことが分かっていましたので、シニアの時のAPテストは受けませんでした。 1教科たしか90ドルぐらいだったと思います。 全部受けていたら540ドル?  大変な出費になります。
後日談 なんとクレジットは取ってはくれませんが、Calcだけは5を取っていれば違うクラスに行けたそうです。よく調べていなかった本人が悪いのですが、でもだからと言ってその分早く卒業できるわけでもないので、まあ、良いと言えば良いのですが。

ソフォモア、ジュニアで取ったAPクラスはちゃんとテストを受けました。 願書にAPテストの結果を書く欄があります。

娘の大学に来ている中国からの留学生たち、ジュニアの時点でAP7つ修了、しかも評価は5なんて子ばかりです。 一体中国はどういう体制なのでしょうか。 インターに行っている子たちでもありませんが、かなりの英語力があると思われます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんとに、受験時は、ただ夢中でAPをとってますよね。でも、このAPの結果と大学入学後のリプレイスメントテストの結果を合わせて、必修科目のクラスを決められることがあるので(娘の大学の場合)、上の娘によると、専攻科目以外なのに、最初からすごくアドヴァンスのクラスに入れられてしまって、大変な思いをする人が多いようです。
ひとつ伺ってよろしいでしょうか?
EDの場合、10月のSATは、皆さんRUSHで送られると聞きますが、これは、結果を見てからでいいのですよね。レジストレーションのときに学校のコードを記入してしまえば、結果が出た日に、同時に学校にもオンラインで届いているのでしょうか?(しかし、これは危険すぎますよ。うちの場合。)
よろしくお願いします。

Re: No title

まゆさん、
上のお嬢さん、頑張ってられますね。 アドヴァンスのクラス、でも普通のクラスだったら物足りなかったかも。すごいですね。   
勉強の方はどんな感じですか? テストの時とかやはり大変なのでしょうね。 ウチの娘はどうやって勉強してるのかな?

SATのRushですが、Rush Deliveryですよね? 結果が出てからではないですか?
結果が出る前に大学の番号は入れないと思っていましたが、、番号を入れない限り大学側には行かないと。
(私の認識不足かもしれません)
EDの場合、RDもですが、各大学のAdmissionのページにいつまでの結果を受け付けますって書いてあることが多いと思います。 もし無ければ直接Admissionにメールか電話で尋ねるのが一番かと。大体の大学は親切に教えてくれると思います。 

No title

ありがとうございます。今日娘に電話させます。
Rush deliveryは、皆さん使われる方法ですよね。特に、デメリットなことはないですよね。
ごめんなさい、すごくとんちんかんで。
何しろぎりぎりで、すべてやっているという感じです。上の娘のときは、この時期にこんなにすべてあたふたとした記憶がなくて。いろんな子供を通して新たな人生経験と思っています。(苦笑)

上の娘の大学生活は、とっても大変そうです。大学は24時間勉強させようとしているのかなと思うほどです。(夜中にクッキーやホットチョコなどが提供されるので、1年次はすごく太ってしまいました。)娘の能力不足ということも大きくかかわっているのは確かですので、ご安心ください。

EDと10月SAT Rush Delivery

横からすみません・・・余計なお世話かもしれませんが、大学に電話で質問をし、電話に出たアドミッションの誰かが「Rushはデメリットではないし、Rushを受け付けます。」又は、「Rushでなくてもいいです。」と言われても、EDで、かつ10月のSAT結果を送る場合は、それ以前に「10月のSAT結果を後日連絡します。」と一筆書いて、Eメールではなく、郵送かFAXでアドミッションのお子さんの「担当者宛て」に直接送るほうが安全です。
オンラインを利用せずに、アプリケーションやその他一式を大学に郵送する場合は、レターヘッドにその一言を書き添えておけば良い訳です。

また個々の担当者名は高校のお子さんの担当カウンセラーを通じて確認すべきでしょう。

特にEDの締め切りが11月1日で、合否発表が12月中旬の様な大学は審査期間が大変短く、ED受験者も多い人気の大学では、リマインダー無しに、何度も個々のアプリケーションファイルを開いて貰えるとは限らないような気がします。

例え、「RushDeliveryを受け取った。」とサイトに出ても、その点数を、実際にコミッティー(単なるアドミッションメンバーでなく、最終的に合否決定する資格がある人達です。)がEDのわずかな時間の中で改めて再度考慮する余裕があるかどうかは、また別問題かと・・・。

一筆書いておけば、10月の結果が最初の審査に間に合わなくても、ファイルの中のレターを見て、「この子のSATは上がるかもしれない・・」と、担当アドミッションがコミッティーにリマインドしてくれるかもしれません。

但し、EDに限らず、人気の高い大学ではコミッティーの審査のテーブルまで上がるのは、既に相当数の中から絞られて来てたアプリケーションのみで、担当アドミッション+数名の段階で審査終了となるケースがほとんどの様です。

SATに限らず、何であれ、特別の配慮をアドミッションに願い出る場合、「確実に事前連絡する」ことはとても大切だと思います。

但し、数万人単位の合格者を出す州立大学に、この様な対策が有効かどうかは解りません。


中国のアメリカンスクール

アマースト在学の中国からの留学生はインター出身ではない子が多いのかもしれませんが、中国本土にも台湾にも「正式なアメリカン・スクール」が複数あり、全IVYリーグのアドミッションはそれらの「アメリカンスクール」や、他にもトルコやエジプトの「アメリカンスクール」に出向いて優秀な学生を探しています。

子供達がブラウンで出会った限られた数の中では、偶然かもしれませんが、これらの国からの留学生達はアメリカン・スクール出身だったそうです。
勿論、彼らの英語力はネイティブと変わりません。
ある中国人留学生はロシア語も上手で、米国と中国とロシアの国際関係の将来を数値で模索するIndependentStudyを専攻としているそうで、更にその子の思考力の深さには教授も一目置いていると、我が子の一人が言ってました。

ちなみに、ブラウンでは日本からの留学生もインターかアメリカンスクール出身の子が多く、他はアメリカ育ちの日本国籍保持者のようです。

しかしながら、現在世界で一番英語を話す人口が多い国は、昨年米国を抜き、中国がトップになったそうですから、中国の英語教育と、中国人の方々の英語力は相当に高いのですね・・・いえ、英語だけではなさそうです。

尖閣諸島問題に関する中国から世界に向けたパフォーマンスを見ても、さすがに世界中で架橋が活躍してきたグローバルな行動力とタイミングの上手さををひしひし感じさせれました。英語におたおたする様な消極性やリーダーシップ不在の不安は微塵もなさそうですね。

アマーストも同様でしょうが、ブラウンも含めIVY等では三ヶ国語を使いこなすのは単なるスタンダードに過ぎず、語学でハイ・スタンダードと言われる子は5、6ヶ国語を平気で操ります。
我が子達は英語と日本語に加え、一人はラテン語を6年間+ギリシャ語をサマースクール2年で、もう一人がスペイン語6年間を学びやはりサマースクールでフランス語を2年と、語学成績も常にトップクラスでしたが、この程度は特筆すべき事には価しないのが、厳しい大学受験競争の現実かと感じます。


まゆさん

まゆさん、

今が一番大変なときですね。
これが過ぎればあとは待つだけです。
それもまた大変なのですが、まな板の鯉の心境でした。

フレッシュマン15とかってみなさんやっぱり太るのかなあ。
ホットチョコレートとクッキーを夜中は、それは、はい、、(笑)
でもそれぐらいパワーが要るのかも知れません。

NYマムさん

お待ちしていました~ (笑)
きっとNYマムさんが一番ご存知だと思ったのです。
助かりました。

横からなんてとんでもありません。
どんどんこうやって書いていただければ、、
お願いいたします。


中国からの留学生ですが、どちらも居るみたいです。
中には軍隊に3年入ってからの人も、彼の場合は本当に特殊でしょうが、すごい人物のようです。すでに色々と活動を始めています。
インターではなくAPオファーされてる高校があるようです。日本でもそんな高校があるのかしら?
そうそう日本からの留学生で公立高校出身の人が居ました。来年卒業なのですが、今度詳しくお話を聞いてみます。

大学側も大変ですね。それだけ色々と回って優秀な学生を集めるのですね。

それにしてもNYマムさんのお子さんたち、すごい!!
ギリシャ語なんて本当に特殊じゃないですか。
ブラウンじゃそれでも目立たない?
それまたすごい。
でもだからそういう学生ばかりだからお互いに刺激しあって影響しあってどんどん視野を広げて行くのでしょうね。 IVYに行かせるメリットとの一つとでもいいましょうか。(もちろん他の大学にもそれぞれのメリットはありますが) 

ウチはなんでひっかかったんだか、未だ謎です。
クラスブログをチラっと覗いてみたのですが、ウチの娘の文章だけがオコチャマでした。情けない~

 

No title

NYマムさん、タケヒメさん、
力強いご助言ありがとうございました。
さすがです。
9月のACTの結果が娘のターゲットの数値がでましたので、こちらをなんとか普通デリバリーで送れそうですので、少し安心しています。
そこで、またまた、皆様には初歩的な質問の数々で恐縮ですが、
*ACTのデリバリーは、送りたい日のテストのみ送っていいのですよね。SATのスコアーチョイスですと受け付けない学校や、受け付けるができればすべて送って欲しいとかいろいろですが、こちらは、堂々とSATスコアーチョイス方式ですべて送る必要はないのですよね。
*タケヒメさんのお嬢様はACTのみ出したとのことですが、ほとんどの受験生がSATを出している東海岸の大学でもACTのみとしてもOKということですよね。
*カレッジアプリケーションより先にACTの結果が到着しても大丈夫ですね。
*後からSATの結果を送った場合、ちゃんとそちらも見てもらえるのですよね。
皆さんに比べて本当に情報薄でとってもお恥ずかしいです。他にも私のようにとんちんかんの人のお役に立てることを願って!
(上の娘はACTをうけませんでした。)

まゆさん

ACTのスコアが良かったとのこと、一安心ですね。
ACTは科目ごとのチョイスが出来ませんので、またwriting部分だけ別に送ることもできません。
なので受けた日にちを指定して大学側に送ることになります。

確かに、東海岸でACTスコアだけ送ると言うのは高校のカウンセラーが不安がっていました。
ただ受けた大学のアドミッションオフィサーがACTだけでかまいませんと言ってくださったのでその指示にしたがったのですが、友達たちでACTだけ出したのはウチの娘だけでしたね。
SATとACTがあまりかけ離れていない場合はどちらも送られても大丈夫かと。大学側で良い方の成績を見てくれると聞きました。我が家の場合はあまりにもかけ離れていたのでそのアドミッションオフィサーがSATは送らないでくれ、と。汗。。。
私たちがキャンパスツアーに行った大学はすべてACTでもSATでもかまいませんと言っていましたが、これもやはりアドミッションオフィサーに確かめられるのが一番かと。
後からSATを送られる場合もその旨一言アドミッションオフィスに伝えておくのが良いかと思います。

いよいよですね。 昨年のことを思い出します。
私も何も知りませんでした。本当に毎日毎日PCとにらめっこで検索ばかり。
それでも分からなくて、後から、あ! って。
e-mailアドレスを入れておきますので、メールでもかまいませんよ。
下記の名前部分をクリックすると出てくると思います。
何かと不安ですよね。お話相手ぐらいなら。

No title

タケヒメさんの暖かいお言葉に心が安らいでいます。このようにご自分の経験を細かく記録して皆さんに提供されることは、なかなかできません。ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

Re: No title

まゆさん、
ダラダラ記事を読んでくださって本当にありがとうございます。
色々と大変でしょうが、あと少しです。大丈夫ですよ。きっと。

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/69-b409930c

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。