スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンパスツアー インフォメーションセッション

コモンアプリケーションのおかげで複数の大学に願書を出すのが楽になった分、
ひやかし?半分も多くなったわけで、、、
各大学とも本気なのかどうなのか若干気にするようになったと思います。

キャンパスツアーに行き自分の名前を残してくることで
私は本気です、とアピールする必要があることもあります。
遠くて行けない場合のアピールは資料を請求するなり、直接Admissionにメールをするなり、、、
とにかくその大学のデータベースに名前を残すことがポイントです。


キャンパスツアーはどこの大学もほぼ毎日していると思います。
各大学のウェブサイトでスケジュールを確認なさってみてください。

大学によっては予約をしないといけないこともあります。
また事前に自分のID番号をもらわないといけないこともあります。
分からない場合はどんどんメールでたずねることをお勧めします。
(電話でもよいのですが、私のように英語が苦手な場合聞き逃すことがあるのでメールが確実かと)


キャンパスツアーの前後に Information sessions があります。
その学校の特徴また合否判定の基準(あまり言いませんが)
あと願書の出し方などの説明をしてくれます。

どこの学校でも必ず聞かれるのが、どこから来たかと言うことです。
Admissionオフィスの人たちにもマニュアルがあるのでしょうね(笑)
学年とどこから来たか皆の前で一人ずつ聞きます。
ロンドン、アイスランド、フィンランド、東京、インド、オーストラリア
なんて声も聞こえます。
これもまたどこの学校でも言うのですが、サウスダコタは居ませんか?って
どうもサウスダコタからの見学者は少ないようです。


ツアーは主に在学生が案内をしてくれます。
寮、カフェテリア、図書館、博物館、あとサイエンス系の実験室を見せてくれるところが多いですね。
このツアー案内係の学生の話が InformationSession より役に立つことがあります。
専攻は? クラブは? 週末の過ごし方は? などなど
時には願書の出し方のちょっとしたコツなども教えてくれます。


ツアーに行く時期はさまざまです。
ある大学では5年生の子が来たことがあると、さすがにそれは早いと思いますが、
だいたい10年生、11年生あたりではないでしょうか。

2週間で30校廻ると言う家族に出会いました。
テキサスから車で来たそうです。
時間的に考えて1日2校ぐらいしか行けないと思うのですが。
皆同じようなところをウロウロしますのでお友達になった家族もいます。
色々と情報交換したり、ランチを一緒に食べたり。
それはそれなりに良い思い出ですね。

キャンパスツアーのための本も出ています。
1週間コース、2週間コースってあったような。
本屋さんで立ち読みしただけですが、、
Guide to College Visits






コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログを始められたのですね。
東の大学のことを良く知りたいと思っていたので、じっくり何度も読ませてもらいます!

No title

レモンさん、

コメントありがとうございました。

東海岸の情報が少ないようなので(私が探せなかっただけでしょうが)覚え書きのようなものを残しておこうかと。
中途半端なブログですが、、、

これからも大学の情報など色々と教えてくださいね。
よろしくお願いします。

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/8-bbb8b39c

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。