スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格発表

願書を提出し、各書類が大学側に届いていることを確認したらあとは待つだけです。まな板の上の鯉の心境ですね。 殆どの大学が今はEメールで合格発表をしているようです。 それと同時に書類も発送。
昨年Johns HopkinsのadmissionブログでED合格発表の日、朝一番から逐一経過を写真入りで紹介していました。これは心臓に悪いですね。 そのAdmission Danielの話によると発表は東部時間で午後6時から7時ごろにかけてEメール配信。 西海岸は3時間時差がありますから授業中にそわそわしてメールをチェックに行かないよう放課後近くにと言う配慮だそうです。 ちらっとハワイは?なんて思ってしまいましたが。。 今年もJHブログで同じように報告があるかもしれませんね。
Hopkins Insider

Eメールで来る合格通知には色々とあるようです。 Yaleは確かアニメーションの熊が踊っていて「おめでとう~」 だったかと、他の大学はゴリラだったり、、各大学色々とユーモアを交えながらのところが多いみたいです。

すべての大学がEメールで発表と言うことはありません。 娘はED受験しましたので昨年の今頃は家族で落ち着かない日々を過ごしたのですが、受験した大学は郵送書類のみでした。書類で来る場合、一般的に薄いと不合格、分厚いと色々と資料が入っているので合格と言われています。
ところが届いた手紙はペラペラの薄い封筒。その時点でああ、だめだった~と思ったのですが、さすが天邪鬼大学、中には2枚、1枚目にはおめでとう、2枚目は今後の予定、どっと疲れが出たのを覚えています。 資料その他は後から送られて来ました。 今年はこの大学もEメール配信になると言ううわさがあります。(これまでもInternational StudentsにはEメールだったようです)

合格発表の予定を過ぎても連絡がない場合。 Eメール配信だと発表予定日の翌日、郵送の場合は2、3日、それ以上過ぎた場合は大学側に問い合わせてみてください。

ED合格の場合、ファイナンシャルエイドの金額は合格発表後1週間から2週間で送られてきます。 その金額に同意して正式に入学希望しますと書類を送ります。RDの場合は合格の書類と共にファイナンシャルエイドの書類も送られてくることが多いようです。 RDだと短い時間に他の合格大学と比べなければいけませんからファイナンシャルエイドの結果は重要になりますね。
RDの場合Early Letterが、合格発表の前にもう受かりましたよ~と言う通知が来ることも。娘の友人たちの間ではColumbia, Smith, North Westernあたりからこういう通知が来ていたようです。

RD発表のあと、今度は受験生と大学の立場が逆転します。 殆どの受験生が何校も受けていますから合格者が重なってしまいます。 大学側は合格させた生徒を他の大学に行かせないようにアピール。特別な日を設けて生徒を招待、授業や寮を体験、学長や教授、学生たちとの話し合いの場、 全国に散らばっている卒業生を動員して各都市でpartyを開いたりもします。
大学も一体何人本当に入学してくるのか把握するのが大変だと思ったのですが、あるアドミッションDeanに聞いたところ、だいたいはわかるのだそうです。さすが、プロですね。


コメントの投稿

非公開コメント

Ed結果発表

先週から今週にかけ、続々と各大学のED結果発表が始まりましたね。
地元の高校生達やママ達も一喜一憂しています。

今日はブラウン、先週はコーネル、ダートマス、ペン、コロンビア、MIT、カーネギーメロンと・・。
イェールも結果がでたかな?

既に我が子達の受験は終わったものの、昨年の今頃のことを思い出すと、未だに胸が締め付けられる・・・。

合格した方には「心よりおめでとうございます!」

そうでない方には、「決してめげずに、RDでのチャンスを最大限に生かして、もう一息がんばって! あなたなら絶対に出来る!!」

皆さんの、これからの幸運を祈ります!



Re: Ed結果発表

NYマムさん、

本当に、私ももう関係ないのにハラハラしています。
某サイトのスレッドは受験生たちの緊張感がみなぎっていて、みんな大丈夫だよ~と声をかけてあげたくなります。

ブラウンも出ましたか。
Georgetownも結果が出ていますね。 LACは今日、Amherstは午後4時半ごろとのことです。
明日はJHでしょうか。
娘の高校の後輩たちがどうなったか気になるところですが、まだ情報は入ってきていません。
昨年、うす~い封筒を受け取ったときのあ~って言う気持ち、落ち着いて封筒を開けていた娘の様子、中身が良い知らせと分かった時の彼女の涙、親子3人でお寿司食べに行くぞ~っお~っ!って盛り上がった時の開放感。たった1年前のことです。 

NYマムさんは2回もこれを経験なさったんですよね。EDだったのですか? ウチはRDで受ける予定にしていましたが、とても受からなかったと思います。年々本当に難しくなってきますよね。

 

EDディファー

我が家は二人ともブラウンへEDアプライし、二人とも結果はディファーでしたが、二人ともRDで合格を手にしました。

このディファーからRD合格までの期間の二人は、以前に増して凄まじいまでの行動力を見せました。
何も出来ずに傍で見ている私も辛かったですが、反面この時期の子供達を見て、「どこへ進学しようと、この子は大丈夫!」と安堵感も持つ事ができました。

また、この期間のガイダンスカウセラーの活躍も素晴らしく、正に生徒との二人三脚を見せつけられました。
特に子供とブラウン・アドミッションとのコミュニケーションの様子を逐一察し、子ども自身のアイデアと行動に協力して下さり、その熱心な後押しには頭が下がりました。

しかし、この時期のコミュニケーションの密度の高さから、カウンセラーはブラウンの当地担当アドミッションから、「これからはニックネームで私を呼んで下さい。」と言われるまで親しくなることが出来、カウンセラーご自身も「自信がついた!」と、反対に我が子達に感謝してくださいました。

若きカウンセラーでしたが、情熱のある人はこうして
行動を通じて実力をつけていくのだな!と、感心しました。

ディファーからRD合格までの上の子供の奮戦状況は、既に以前、Calperchさんのブログの「北加発アメリカ合州国」にコメントとして書きましたので・・・。

Re: EDディファー

まあ、そうだったんですか。
それは大変でしたね。精神的にもあまり居心地の良いものではなかったのではないかと。
でもそれを乗り越えての今、なのですね。

経験と言うのは本当に人を助けますね。 NYマムさんのお子さんもそういうことを踏まえて大きく成長され、その高校のガイダンスカウンセラーも実力のあるカウンセラーになったのではないかと思います。
それにNYマムさんも、程よい距離を取りながらお子さんたちのサポートをなさっておられる感じがします。私も見習わないと。。

Calperchさんのサイトは本当に参考になります。 まだまだ全部読ませていただく時間がなくてはがゆいのですが、少しずつ。  娘が受験の時に知っていればよかったのにと何度思ったか。 

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/85-07ef0a99

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。