スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい状況

今年の受験は昨年以上に厳しく、受かった人いるの?と疑いたくなりますね。
私の周りでもあまり良い話は聞きません。

某サイト(CCです)から引っ張ってきた情報です。

自己申告ですので信用度は低いかもしれません。
それを踏まえた上で参考にしていただければと思います。




Rejected: Stanford. Duke
Waitlisted: Brown, Johns Hopkins, Amherst
Accepted: Princeton

Waitlisted: Harvard, Wesleyan, Brown, Amherst
Denied: Yale, Princeton, UPenn, Swarthmore, Williams, Tufts

Rejected: Duke, Rice, Amherst
Waitlisted: Carleton, Haverford, Bowdoin, Vanderbilt, Pomona
Accepted: USC (no money), University of Washington, Whitman (no money)

Rejected: Amherst, Rice
Waitlisted: Carleton, Kenyon
Accepted: Pomona, Grinnell, Middlebury, CO Boulder

Rejected: Brown, Cornell, Dartmouth, Stanford
Waitlisted: Harvard, Duke, Macalester
Accepted: Georgetown

Waitlisted: Amherst
Accepted: Dartmouth

Waitlisted: Amherst
Accepted: Dartmouth 上記とは別人です。

Waitlisted: Harvard, Stanford, Brown, Amherst, Swarthmore

Rejected: Amherst
Accepted: Washington and Lee, UVA, W&M

Rejected: Stanford, Duke
Waitlisted: Brown, Johns Hopkins, Amherst

Waitlisted: Amherst
Accepted: Williams, Bowdoin, Emory

Rejected: Harvard, Yale, Brown
Accepted: Princeton, Dartmouth

Rejected: Columbia, Brown, Williams
Accepted: Cornell

Accepted: Williams, Middlebury, Wesleyan, Reed




追記:これじゃあまったくわかりませんね。
余計な情報かとも思ったのですが
あそこがダメだからここもダメと言うことはないとお伝えしたかったので。
各校のアドミッションはそれぞれの考えがあるのでしょう。
合格、不合格は資質で決められているのではなく、各大学の色で決められていると。






最後に、、こんなことを書いている子がいました。

I think I really need to take a step back though and see how lucky I really am, considering the recent tragedy in Japan and how fragile life can be. Here I am complaining about getting into college and people are dying, starving and exposed to radiation in Japan without nearly as much complaint. Puts things in perspective I guess














コメントの投稿

非公開コメント

あ~、、、もっと早くに出会いたかったです。
娘の合否発表が済み、沢山の書類が届いて、何かの検索をしていたら、タケヒメさんのブログに辿り着きました。
私立は3校の学校から合格をもらいましたが、学費の高さに諦めざるを得ない状況です。
娘はJHUかCornellに行きたいようです。
UC系(西に住んでいます)も今年は高い!
何故アメリカの大学はこんなにお金が掛かるんでしょう!?(涙)

おめでとうございます。

のんさん、書き込みありがとうございます。
そしてお嬢さんの合格、おめでとうございます。
すごいですね、3つもですか? 今年はあまり良いニュースがなかったのでこちらまで嬉しくなります。
JHUは合格率が18%まで落ちたようですね。
難関突破おめでとうございます。

JHUやコーネル、FAは出ませんか? 
知人でコーネルに行った人は途中インターンシップをして学費は州立並みだったと。
JHUは色々な学内奨学金があったような気がしましたが。。
我が家も私立ですが州立に毛の生えた程度しか払っていません。
数字を見ると本当に怖くなるのですが、あれやこれやで何とかなっている人が多いようです。
FAのオファーが足りない場合交渉すると増えるところもあります。
ダメ元で聞いてみるのも良いかもしれませんね。

UCも高いようですね。ブログのお友達のところも色々とやりくりしているみたいです。
あっぱれ~ の一言です。

先日州立大の先生と話をしていたら、やはり学生へのケアが全然違うと。
私立なら色々なヘルプを通して学生が単位を落とさないように努力するのに
州立はその意識がないと。(教える側にです)
私はコミカレで教えていますが(パートのおばさんです)
先日も一人救済したかったのにDeanに一言、落とせ、と言われました。
これは極端な例ですし、西海岸と東海岸で本当に違ってくると思います。
東で州立に行かせるのなら芯のあるしっかりした子でないと大変かなとも思います。
まあ、大学生になってしっかりしていないのも困りますが。

お嬢さん、これからが楽しみですね。
明るいニュースありがとうございました。



FA

タケヒメさん
お返事コメントありがとうございます。
娘のメジャーはバイオエンジニアリングで、UCLA UCSD UCIに受かっています。
本人はJHUかCornellに行きたいと言っています。
中学3年の夏まで日本の学校で過ごし、アメリカでは9年生からスタートでした。
かなり苦労した姿を見てきましたので、親としては行きたい学校に行かせたい気持ちは勿論です。
でも、JHUからのファイナンシャルは出ませんでした。
他の私立2校からは、ファイナンシャルについてのお知らせがきていません。
JHUの見積もりが59,242ドル!
とてもじゃないけど、4年間も払いきれません。
大学はUCで4年間過ごし、その後、私立の大学院に行くように説得中です。
FAの交渉は、メールでするものなんでしょうか?
全く無知でお恥ずかしいのですが、なす術がない、と言った状況の中、縁あって、こちらにお邪魔することが出来ました。
何かご存知でしたら、アドバイス頂ければ幸いです。

Re: FA

のんさん、
お嬢さんJHUのバイオメディカルですか? BME?
人数が本当に限られていて合格するのは至難の業じゃないですか。
お嬢さんがそこに行かれたいのなら何か方法はないでしょうかね。
http://talk.collegeconfidential.com/johns-hopkins-university/
ここはご存知ですか? 私も今からもう少し詳しく見てみますが何かヒントがあるかも知れません。
知人にも少し尋ねてみます。 お急ぎですよね?

コーネルの方は無責任に言えることではないのですが、何とかなるかも知れませんね。
学内でのアルバイト、夏のインターン
専攻によっては半年大学を離れインターンやフェローシップで自分で稼いで
半額近くまで行った話を良く聞きます。 
我が家のまわりにはコーネルが多いのでこれも少し聞いてみます。

大学のFAですが、アドミッションオフィスに直接電話で尋ねる人が多いです。
もう合格なさっているのなら何を聞いても大丈夫だと思います。
2,3人そのあたりに詳しい方がいらっしゃいますので、至急たずねてみます。
メールアドレスを入れておきました。私の名前のところをクリックすると出ると思います。
よろしければメールをいただけますか?

No title

のんさん

お嬢さんの大学合格おめでとうございます。難関の専攻ですから、大快挙ですね。私はカリフォルニアの住民で、息子が2005年に大学受験?でした。彼はPomona Collegeに進学しまして、現在はUCLAの大学院生です

お嬢さんは、永住権あるいは市民権をおもちでしょうか?もし永住権をおもちであれば、FAの対象者に自動的になるように思います。もし、お持ちでなければ、FAの受給は残念ですが、私立2校、UCともに大変難しいように思います。

以下はもし、永住権をおもちの場合ですが、

FAFSAの結果はいかがでしたでしょう?もしも、FAFSAの結果のEFC(Expected Family Contribution)の額がわかっているのであれば、そのEFCの額と学費総額の差額に対して比率に違いはあれ、私立からは幾分かの援助が期待できるように思います。

もしも、現時点でFAの提示がなければ、メールで何時ごろ金額の通知があるのか、あるいはゼロなのかを問い合わせることができるのではないでしょうか。

UCの場合には、持ち家の価値はFinancial Aidを計算するうえでは資産とみなされないので、私立よりも少しだけ有利です。しかし、Regent Scholar(首席、次席卒業者)でなければ、供与の奨学金はなかなか難しいと思います。私立ですと、自宅の評価額の6%は、大学教育費に回せるという理解でFinancial Aidを組んでいるところが多いと訊いています。したがって私立のほうがFinancial Aidの総額は多少少ない傾向にありますね。
UCの年間総経費は州民あるいは州税を納めている親の子供ですと3万ドルちょっとではないでしょうか?

勝手なコメントでもうしわけありませんが、少しでもお役にたてばと、、、、


Calperch様

コメント、とってもありがたいです。
ご親切にありがとうございます。
類は友を呼ぶといいますが
タケヒメさんの周りの方は、皆さん良い方なんですね。
Calperchさんのお話、凄く参考になりました。
決断の時まで残り一月足らずですが、皆さんから教えて頂いたことを参考に頑張ってみます。
そして私も、皆さんのように誰かの役に立てるように、知識を増やしておかないと!

娘はUCLA1年生

のんさんへ

初めまして、こんにちは。
タケヒメさんから相談を受けました。
私の娘はUCLAのサイエンス系1年生です。
FAの有無は合格通知と同じ頃に結果が出ました。
UCではFAの交渉は不可能だと思います。
財産(持ち家・貯蓄額)もですが、一世帯で8万ドル以下の年収でないとFAFSAは0です。
奨学金(REGENT)もNMSCで最終審査まで残らないと獲得は難しいと思います。
ちょっとだけ優秀という子が、ゴロゴロいる事がわかりました(笑)
UC大も強気なので30,000ドルを容赦なく要求してきます(泣)
逆にアイビーリーグがドカーンとFA&スカラーシップを出してきたので(合格通知と同時に)、
UCと同額の30,000ドルになりました。
しかしウチは初めから私大に行かせるつもりがなかったので、UC行きは即決でした。
アメリカは日本と異なり最終学歴の大学が重視されます。
学士でUC→院で私大というのも良いアイデアだと思います。
ちなみにUCSDのバイオエンジニアは強いです!

No title

RN様

ありがとうございます。
タケヒメさんからRNさんのブログを教えて頂き
昨夜、興味深く、そして楽しく読ませて頂きました。
金銭的なことだけでなく、大学の環境、子供の性質、家庭環境、、、其々の家庭によって事情は違うのですよねぇ。
RNさんは最初からしっかりと方向性を決めてらして、素晴らしいです。
私は娘ではなく、自分の勉強不足を、痛感しているところです。
私はUCSDも押しているのですが、兎に角本人は今、JHUに行きたいようです。
タイムリミットの5月1日まで、長い話し合いになりそうです。

ありがとうございました

Calperchさん、 RNさん、 そして KenHさん、

ありがとうございました。
お返事もすぐにしていただき、感謝感謝です!!
頼りない管理人でごめんなさい。
SOSばかり出していますね、
申し訳ありません。

RNさん、そうでした、 UCSD バイオエンジニア
知人の息子さんが大学院に受かったのです。
JHU,RPI,U Buffallo, それとフロリダのどこか、その5校で迷っているみたいです。
彼は4年前大学を決める時にも迷いに迷い、5月1日ギリギリで決めたのでした。
Hamiltonに行き充実した4年間を送ったようです。


のんさん、

これから数週間大変ですね。
でもどこに行かれるにしろ、頑張りやさんのお嬢さんだから良い結果になると思います。
楽しみですね。





後悔先にたたず。

タケヒメ様、いつも楽しくブログを読ませていただいています。CA在住の者です。タケヒメさんの知的な文章が大好きです。このたびのんさんに申し上げたいことがありましてはじめてコメントさせていただきます。わが娘はドクターになることを夢に3年前にUCLAに進学しました。JHUからも合格を頂いておりましたがファイナンスと、遠方であることを理由にUCを選びました。(一人娘なので私も寂しかったのです。)ただUCの現実は想像以上に厳しく、容赦ない激しい競争の中でふるいにかけられ娘は身も心も疲れ果てています。ドクターの夢もはかなく消え入りそうな状況です。手厚い私学に行かせてあげれば良かったと心から悔やんでいます。お嬢さんがJHUを希望しているのでしたら、是非行かせてあげてください。”金は天下の回りもの”と申します。なんとかなるものと信じて、がんばってきたお嬢さんの夢をどうかかなえてあげてくださいませ。(言いたいことを言いまして申し訳ありません。)

タケヒメ様、これからもブログ楽しみにしています。

UCSD

タケヒメさんからメール頂きました。娘がフレッシュマンでUCSD Chemエンジニアリングに行っています。
のんさんのお嬢さんはUCSDのバイオエンジニアリングに合格されたのですね。おめでとうございます。ご存知のようにここはUCSDの看板学部で、医学大学院を目指している人がほとんどだと思います。
UC校で迷っていらっしゃるのでしたら、ぜひ学校訪問をされたら良いと思います。またもしそのまま大学院へ行くとしたら、を考えて大学院のランキング、内容などを調べてみるのも良いかもしれません。
アメリカではundergraduateは通過点と捉える人が多く、特に理系では大学院へ行くにはどこのundergraduateが有利かという視点で決める人が多いようです。
ランクを下げた学校に入り、競争での疲弊を避けて悠々大学院に入るなどいろいろな戦略を立てているようです。
とはいえ、最終的にはお嬢さんと学校との相性ですので
お嬢さんの決めたところでよいように思います。
まとまりなく書いてしまいましたが、少しでもお役に立てれば幸いです。

Re: 後悔先にたたず。

AYAMEさま、

コメントありがとうございます。
知的な文章? 3回ぐらい大声で繰り返したいです、この言葉。笑。ありがとうございます。
いつもダラダラでまとまりがなく簡潔に書けなくて困っています。

UC系の大学の傾向がますますわからなくなりました。激しい競争もある程度は必要とは思いますが、そこに行くまでのサポートなどはどうなっているのでしょう。落とすことが目的のテストなどに勝ち抜くには相当な精神力が必要とされるのでしょうね。ただそれをくぐりぬけた学生とウチの娘みたいにふんわりやんわりでやって来た学生がGraduateでしのぎを削るとしたら、UC系の方が強いかもしれません。
娘も一応Pre-Medとか言ってますが、我が家の場合は動機不純で今とっているクラスだとそうなるから、とか。そんな理由でdoctorになんて人の命を扱うのに無責任なことはさせられませんから、様子を見て話をしようと思っていますが、doctorになる前にしのぎを削ってきた学生たちとの競争に負けてしまうでしょうね。

また何かありましたら、アドバイスなどお教えいただけたらと思います。
よろしくお願いします。


Re: UCSD

Hanaさん、

早速ありがとうございます。
もう皆さんに助けられて成り立っているこのブログです。
役不足の管理人で申し訳ありません。

そうですね、大学院が決め手ですね。大学に入ったからと言って受験は終わりではありませんね。
ただ、親はこの先見ているだけですが。
学校訪問は本当に大事だと思います。 空気が合う合わないはありますね。
見てみたら、あ、って思ったり、ん?って思ったり、
相性、絶対あると思います。

子供たちがおおっって思った相性の良い大学に授業料を気にしなくて行ける日は来るのでしょうか?
いつになったらこの上昇が止まるのか、誰も大学に行けなくなってしまいますね。

UCの成績

UCの成績が厳しいのは州立だからではないでしょうか。
州外生の払う3倍の学費が学生一人に掛かる正規料金だと聞いたことがあります。
他州立でも成績はUCと同様につけるようなので、勉強しない学生に税金で学費を払ってやるわけにはいかない、成績が取れなければ退学というようなことではないでしょうか。
一クラスの人数は多い、競争は厳しい、「本当は怖い州立大学」ですね。

No title

わかりにくい文を書きました。
州外生の払う「州内生の」3倍の学費・・・が正しいです。
つまり学費が$10000なら、$20000CA州が負担しているらしいと言いたかったのですが。
どうでも良いことを何度も投稿してすみません。

Re: UCの成績

Hanaさん、

いえいえ、とんでもないです。 詳しい説明ありがとうございます。
公的な資金は勉強しない学生には使えない、と言うことですよね。
考えてみれば当たり前のことなんですが、なるほど~と。
ウチの娘の行っている大学で一人の学生にかかる費用は年間8万とかって言ってました。
どうしてそんなにかかるのか。色々と理由はあると思うのですが、ちょっと信じられない額です。

ちょっとこちらの州立も調べてみます。 学生に対するケアは前述の通り良くないと言ったほうがいいと思います。教えている教授次第と言うところがあります。ですが、成績の付け方などには注目したことがありませんでした。話からそれてしまいますが、少し気になります。


UCの学費と成績

今日の新聞でUCの来年度のFee--カリフォルニアの州立大学では授業用は只という建前なのでの呼称ーーが2万ドルになる可能性がると知事の談があったそうです。ご存知のように、州からの授業料の援助の割合が毎年削減されてきていますが、その率が半分以下になるの可能性があるということですね。

UCのとくにエンジニア系の学部では、一名”Weeding out Class ”と呼ばれる、生き残りだけが進路に進めるいう進路振り分け、進退振り分けクラスというのが知られています。息子の友達でもSATで満点近くとった子供がDの成績をとるような授業だそうです。

UCでは、よくSink or Swimいうように形容される競争社会ですから、自律的で自立していなければ、成功できない面が大きいとよく言われます。また、成績が相対評価であるために、点数も辛いということもあると思います。

息子は、この6月にUCLAの院を卒業しますから、私のところは滑り込みセーフです。

RE: UCの学費と成績

長女が、大学院進学を考えていてUCを見に行くと言っているので、この話題他人事では有りません。長女はCO州の大学に行っているのですが、CO州も財政は大変ですが、授業の値上げではなく州外からの学生を増やして帳尻を合わせています。

長女には、出来たらUC以外にして欲しいと願っているのですが、、、。

UC大学院

KenHさん

ご参考になるかどうかわかりませんが、息子が昨年大学院修士課程に応募した際に合格した大学から学費(年間総経費)の提示がありました。

約60000ドル、Harvard ,U Penn、USC
約45000㌦  U Michigan, Ann Arbor
約40000㌦  U Washington
約35000ドル UCLA 州民

何度もUCLAに財政難の影響が大学院の教育にないことを確認して、ここへの入学をきめました。結果としては、入学枠の削減は合ったそうですが、内容面での問題はなく、良いところを選んだという印象です。

もちろん、博士課程であれば、授業料は無料ですし、生活費を稼ぐだけの仕事は研究室が世話をしてくれるはずですから、上の学費は相当しません。

Re: UCの学費と成績

Calperchさん、

ご説明ありがとうございます。 またお礼が遅くなってしまってごめんなさい。

UC系から大学院に進学する人数は少ないのでしょうか。 GPAが低くなると進学に不利になってくると思うのですが。 元々の人数が多いから数々のスクリーニングに生き残った学生だけが院に進学と言うことになるのでしょうか?  
Calperchさんの息子さんは本当に優秀だから問題なかったと思いますが、ウチの娘のようにぬるま湯に浸かっている状態で大学院でちゃんとやって行けるのか、(まあ、親が心配することはないのですが)少々気になるところです。 それとも大学院になると教育、勉学の仕方が違ってくるので何とかなるのかしら? ウチはたぶんサイエンス系の大学院に進学と言うことになると思うのですが。何しろフラフラ娘なもので。。

それにしても大学院の費用、すごいですね。 マスターだと全額支払う、PhDだとグラントが出ると言うことですか?  サイエンス系だとマスターではなくPhDになると思うのでもし受かったとしても費用の準備はしておかなくてもいいのかしら、とか。  ああ、この間大学に受かったばかりと思ったのに、もう次の費用の心配?ですがウチはたぶんサポートしないと思います。 上の2人も自分で行ってもらいました。大昔ですが、、

それにしても大学の費用、一体どこまで上がるのか。
来年度の授業料、 5万7千ぐらいですね。 FAもその分上げてくれるようですが。
まだはっきり明記されていないのでわかりません。

Re: RE: UCの学費と成績

KenHさん、

コロラドも随分変わったみたいですね。 ウチの姪たちが行ったころは1年以上だったか夏もずっと住むとレジデントと認められ州内の学費だったと思います。
昨年娘の友人が受けたのですが、21歳までそれは認められなくなったとか、しかもFAの通知が来るのは6月中旬。いくらFAが来るかわからない状態では行かせられないと他の大学にしました。どこも州立は色々と変わってくるのでしょうね。  あ、私立とて同じ状態かも。



大学での特訓

タケヒメさん

お嬢さんは理系志望というだけでも、うちの息子より大学入学時点で数歩前からの出発ですよ。彼の受験時の志望専攻はUCBではE Con, UCLAではPsyc, PomonaではSociといった具合で、支離滅裂、でも合格できたのですから、これも不思議でした。

大学入学の時点では将来の設計図はゼロから出発でしたから、白紙に描ける絵は無限だけれども、進学先によっては、そのまま終わった可能性もありと言う状態でした。

ですから、Pomonaで教授たちからの親身な指導がなかったら現在の彼はないと、ほぼ確信できます。本人もこれは得心していたようですが、高卒の時点で、彼はUCむきではなかったですね。

現在 彼のコースの同窓生14名のうち3名がUCの出身者です。うち2名はUCLAの出身だそうです。しかし、息子の評価を聞くと、UC出身者は、概して書く訓練の面で十分であるとはいえ、Pomonaには劣っていると言っていました。これは、大学院の教授からLAC出身の学生は「書ける」というコメントでもあったそうですから、本当なのでしょう。

Pomonaでは87%の卒業生が大学院に進学するそうですが、お嬢さんのところでも大差はないのではないでしょうか?周りの学生がほとんど皆、院進学をめざしているわけですから、感化されないほうが不思議ですよ。これは、よい意味でのPeer Pressureかと。

ながながと失礼しました。



Re: RE: UCの学費と成績

タケヒメ様

ウチもコロラドでIn-stateを狙ったのですが、In-Stateに変えるには殆ど嫌がらせとしか思えないような条件があって諦めました。

Calperch様

情報有り難うございます。5月初旬にUCBの大学院の教授とアポを取って研究室を見学に行くとか。その時にはもう少し見えてくるかと期待しています。

また、色々と教えてください。

The College Decision From The Professors’ Perspective

のん様

どこの大学にするか決める時に、この記事も役に立つかも知れません。ご参考まで、、。

http://thechoice.blogs.nytimes.com/2011/04/09/jacobs-hyman/?ref=education#

Re: 大学での特訓

Calperchさん、

理系、、、一応理系ですが、今取っているクラスが理系が多いと言うだけで、でも来年の今頃には決めなければいけませんね。
息子さん、支離滅裂なんて、今考えてみれば全部が必要なお仕事につかれようとしていますよね。全部繋がっていたんですね。 我が家も後々考えれば全部繋がっていたわ~と本人が言えるようになって欲しいです。

writingはやはりきっちり指導するようですね。来年のクラスを決める時に一つはwritingを残しておきたいと娘が言ってました。 その分語学がはみ出ちゃって取れないみたいですが、今の彼女にはwritingの方が必要だと私も思っています。 ハンリンガルの分ここできっちり身につけて欲しいです。

Pomonaは87%ですか? 大学院進学。  ウチも80%代だったと思いますが、80代前半だったのではないでしょうか。いずれにしてもFeed校と言うイメージはありますね。 アドバイザーの先生方もそのつもりで指導してくださっているような感じです。  でも今、本人がちょっと弱気になっているようでそのpeerプレッシャーにつぶされそうになってます。 みんな頭がいい、ブチブチブチ と。 まったく情けないのでガツンと一発言ってやりました。笑。。。




Re: Re: RE: UCの学費と成績

KenHさん、

い、い、嫌がらせ?ですか? 笑。
昔は簡単だったようですが、姪は今31と28ですから約10年前だったでしょうか。
州立の難しいところですね。



途中経過

タケヒメ様、ここにお集まりの皆様
沢山のアドバイスありがとうございます。
そして、お返事が出来なくて、すみません。
個人的にメールで相談にものって頂きながら
そのままになっています。
先週から東の学校を訪問しています。
家族で学校を回り、一番いい結果を出せるように
話合い(喧嘩?)しながら過ごしています。
心配して下さっている皆さん、すみません。
結果が出たら報告します。

Re: 途中経過


のんさま、

ご報告ありがとうございます。
気になさらないで~
他のみなさんもきっと同じことをおっしゃると思います。
良く喧嘩、じゃなかった話し合い(笑)を。あと一息です。
東海岸の空気も(できれば)楽しんでくださいね。

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/91-a8d407d1

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。