スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっちゃかめっちゃか

少し遅くなってしまいました。
先週 NY Times に出た記事です。
再びKenHさん、ありがとうございます。

An Agonizing Wait Prolonged by a Cellphone Internet Hookup

KenHさんのご指摘で私も読んでみましたが、
コメント#2に対する #10の回答が興味深いですね。
Grinnellの元Admission Officerの方だそうです。

 
TOP Tierの大学に進学を希望している方はとにかく全部受けて自分がどの大学に合うのか、各大学のadmissionに判断してもらう、、 と言う気持ちで良いような気がしますね。

合格、不合格ではなく、    良縁 か 悪縁    




それにしてもコロラドからフロリダにvacationに行ける家庭が、プリンストンとダートマスからほぼ100%のFA? な~んて重箱の隅をつつくようなことは野暮ですね。 ごめんなさい。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

LACとアイビーのAdmission Policyの違いが分かるような気がします。また、LACはそれぞれ個性がありますから、その個性になじめるか、まさに相性の問題でしょう。この学生さんはその辺りが余り分かっていない?

沢山出して相手に相性を見てもらう??何か若い時の見合いみたいですね。そこら中に釣書を送って、一杯見合いして、受験料ならぬデート代がやたら嵩んで、、、。結局、婚期が遅れた、、、。話がちゃうって!?

Re: No title

KenHさん、

相性、本当にそうですね。
お見合いですか? KenHさんは経験者? :)

大学とのお見合いで時期を逃すことはないでしょうが、あ、でも入ってからたまに肌に合わない子もいますね。ウチは今のところ大丈夫のようですが、この先大丈夫と言う保証はありませんね。何とか卒業までお願い!と母の気持ち。。

No title

タケヒメさん

昨日Colbyのレセプションに行ってきました。
会場はパークアベニューの一等地、アッパーイースト、ニューイングランドのオールドマネーの賜物、アートや食器はまるで美術館のようでした。 ワインやらオードブルやらがたくさん振舞われ、私はご機嫌でした。 息子は卒業生やAccepted Studentsといろいろ話して楽しそうに見えましたが、帰りに感想を聞くと、ここには行かないことがはっきりしたとのこと。 あまりにもお金持ちのお坊ちゃんばかりで、なんか違うと感じたそうです。 それがわかっただけでも行った甲斐がありました!
そうそう、日本人の子も来ていました。
国連の学校に行っているそうで、お兄さんがタケヒメさんのお嬢さんと同じ大学に行っているといっていましたよ。 今日は友達と一緒にOvernightでWeselyanに行っています。 感想を聞くのが楽しみです。

Re: No title

Makiさん、

わ~っ!! コメントありがとうございます!!

Colbyはナシですか。残念(ってウチも違うところに行ってるのに、ねえ XD )
でもさすがすごいですね。 UpperEastのPark? ほ~~~っ。
一度入ってみたい、そういうアパート。昔73の2ndに住んでいましたが、ふつう~のアパートで。
実際Colbyに行った時はお金持ちの感じはあまり、でも色々な人と話をして収穫ありでしたね。
ご本人がはっきり違うって確信されたらこの先迷いもありませんものね。
娘の大学の日本人の人、誰だろう。 五人しかいないんですよ。 あ、でもウチの娘みたいに米国籍で入っている日本人、かな?
Wesleyan楽しみですね。何を感じて何をつかんで帰ってこられるのか。
また教えてくださいね。

No title

これは受ける大学のアドミッションオフィサーの攻略本が必要かも。


Re: No title

デイジーさん、

確かに、 出版されたら売れるかも。 v-218
各地域担当のオフィサー別 とか。


お久しぶりです。これを読んで安心しました。

昨年以来ですね。わが息子も大学を決め、昨日入学契約とFAの契約を郵送しました。(詳しくは拙ブログにて)正直言って、この数ヶ月、初めての子どもの大学受験を控え、こちら親のやきもきは大変なものでした。男は特に、、と感じてます。いくら高校教師をしていてもわからないもの、日本の親には分からないだろう親の申請書類の数々、本当、日本より学歴偏重の韓国より、アメリカのお受験は大変だと身にしみました。

普段公立高校と違ってのんびりやってますから、シニアに入ってすぐ、EA EDだとプレッシャーをかけ、入試のテストも11月しか受けられない日本語などの科目別テストをうけ、エッセイも推薦状もすべてだしているのに、大学からは書類が足りないと、連絡がはいったりしていましたから。
こちらはリベラル大学ばかり西海岸とNY州を中心に数校受験し、合否の通知を切ない思いで待っていました。
友人たちはどんどんFACEBOOKに掲載するなか、息子は最初滑り止めを掲載したのみで、後は一切公表しなくなりました。親はお金を出し、奨学金の申請をするのみ、
もうオープンハウスも来ないでくれ、友人へも一切うちあけず、大学へは夏に独自に運転して訪問しただけで決めたようです。だから他のおかあさん方が受かった大学訪問を一緒にして来たと聞くと、羨ましいばかりです。引っ越しにはついて行ってやりたいですが、それも8月に済ませるそうです。
相性なんですね、NPRのアマースト大の録音は身につまされますが、気が楽にもなりました。また覗かせて頂きます。

Re: お久しぶりです。これを読んで安心しました。

本当にご無沙汰しております。 お元気でしたか?
先日モンタギューさんがお住まいの近辺を(勝手に想像して、、笑)ドライブしてて、まあいいところだわ~と思ったところです。 それで久々にブログも覗かせていただいたのですがコメント残さずにごめんなさい。
息子さん、今年だったのですね。なんだか来年受験と勘違いをしていまして。 

親もそうですが、子供にも相当なプレッシャーですね。アメリカの受験は日本より大変かも。もちろん受ける大学によりますが。 韓国はすごいと思ったのですが、こちらの方が大変なんですね。 親がかかわる比重が大きいような気がします。 今からそちらのブログにお伺いしますね。 また色々と教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

http://takehimecollege.blog24.fc2.com/tb.php/93-47355c67

-

管理人の承認後に表示されます

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。