スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親に出来そうなエッセイアドバイス

個人的な提案です。
英語が得意でない私は娘にアドバイスなんてとてもとても出来ませんでした。でもアイデアの提案や読んだ感想は少し言えたかも知れません。 英語が苦手な外国人でも一発でおもしろいと思えるようにすぐに要点がつかめインパクトのあるものがいいんじゃない?。なんて変な助言もしました。

もしお子さんがエッセイで躓いているとしたら、アイデアがないと言ったのなら、これが成功するかどうかはわかりませんが。。。
まずボランティアなりアクティビティーなり今まで本人が体験したことで一番おもしろかったこと、つらかったこと、人とは何か違った体験をしたことを思い出してごらん、と。親からみてこれすごかったじゃない?なんて思うものも提案したり。
つらつらと箇条書きにしてみると何か各大学のサブジェクトにあてはまるものが(少々こじつけでも、、?笑)あるかもしれません。それを元にと言うのはどうでしょうか。最後には何かポジティブな言葉や希望、達成感が感じられるような文章またはオチを付け加えて。

と、こうやって書いてみると娘は幼稚園児だったのかと思いますね。
いや親がヘリコプターなのか。

大学の選び方 5 州立大学

あまりたいしたことは書けないのですが、、、
地域によって州立大学の内容はかなり違ってくると思いますが、北東部あたりでは一般的に私立の方が人気があります。 このあたりは高校のtop10%の成績で州立に行くのは稀と言える地域です。
ただし州立大でもその専門に魅力的な分野もあるのでそれはまた別のお話になりますが。

さて、最近娘の友人たちやその親たちから聞いた話。 州外の州立大に行った子たちのお話です。
何人か居るのですがほとんどがホームシックになったようです。 このあたりの州立大では自宅近くから来ている子が多いので週末やロングウィークエンドには家に帰る人が多いとか。なので寮はシ~ンと。
アクティビティーやスポーツをやっている子は別でしょうが、何もない、また、普段から決まった友達と遊んでいたと言う子たちは苦労をしたようです。殆どもうこの時期克服した子が多いですが、一人は未だ模索中、またあまり知らない子ですがすでに大学を辞めて家に戻って来ている子もいるようです。

州外の州立大はそのあたりも考慮するべきかも知れませんね。友達を作るのが上手な子、または友達がいなくても大丈夫な子、アクティビティーに積極的に参加する子、アスリートで行く子、そうでない場合は少し気をつけたほうが良いかも知れませんね。
ま、これも大学に行って花が咲くと言う事もありますから転ばぬ先の杖かも。 子供の能力は計り知れないものがあります。


Amherst vs Williams

The Biggest Little Game in America

Amherst-Williams Endures, but Coolidge Jabs Don’t

ライバル対決も125周年を迎えました。数年前にはESPNで生中継されたこともあります。DivisionⅢですからそんなにポピュラーな試合ではないのですが、やはり学校の歴史が話題になるのでしょうね。
面白いですね。 AmherstがWilliamsから分かれて出来たとは聞いていましたが、こんな裏話(実際にはどうだったか)があったとは。アルファベット順だとWは最後の方なのでAから始まる名前にと言う話もありましたが。 永遠のライバルの所以が分かりました。

両校ともテレキャストされる場所を決め全国、海外でも卒業生が集まって応援しようと前々から盛り上がっていましたが、結果はWilliamsに。 
AmherstのHomecomingで行われたのでご当地はがっかり。

大学選びには関係はないかと思いますが、色々とその学校の歴史を探ってみるのも面白いかも知れませんね。



SAT Writing

今朝のGood Morning Americaでのお話。

Statement from The College Board to 'GMA'

大学側はSATのエッセイを見ることができるのですね、知らなかった。

長い方が良いと言われてましたがやはり本当だったみたいですね。
プライベートのカウンセラーや家庭教師などを雇っていればちゃんと教えてもらえたのでしょうが、うわさかな~なんて思っていました。

14歳の高校生が友人たちに調査したらやはり長いエッセイを書いた方が点数が高かったとか。 またMITの教授がこのことを研究していて、この14歳の子の調査は大変参考になるとかなんとか。

それよりこういう調査をして全国番組で取り上げられたことでこの子のポートフォリオに一つ金メダルが付いた?  もともとStuyvesant High Schoolに行っているらしいので、そんなことは関係ないかも知れませんが。


videoもあがってました。
The Secret Behind a Better SAT Score



こんなサイトはいかがでしょう

Youtubeチャンネルですが、こんなところがありました。

Warner & Company videos

色々な学校からvideo製作を請け負っている会社のようですね。

Amherst
Bates
CIA (The Culinary Institute of America)
Gettysburg
Middlebury
Mount Holyoke
Smith
Stanford
UVM
Williams
Yale

各大学のウェブサイトに載っている大学紹介、寄付集めのためのビデオ、
大学史ビデオ、などなど

個人的にはバックグラウンドの音楽に興味が。
各大学の特徴のバンドなりアンサンブルなどがありますが、
ちゃんと使っていますね。







RD, ED, ED2, EA, REA

と並べられても何のことか、ですよね。
願書の種類です。

Regular Decision ( RD)
Early Decision (ED)
Early Action (EA)
Restrictive Early Action (REA)

この大学がいい、ともう決まっている場合。 ED願書を検討なさってみてください。
メリットはRDに比べて合格率が上がること。早くに決まるのでその後の高校生活が楽しめること。
デメリットはSATやACTのテストを出来るだけジュニアの間に受けておくことなどでしょうか。

ファイナンシャルエイドを他の大学と比べられないと言うデメリットもありますが、ED願書の場合大学側からの金額が不満な時は交渉をします。交渉してもまだ折り合いが付かない場合はED願書を取り下げることが出来ます。 その場合、大学によって、またその受験者によっても違ってきますが、RD願書のプールに回してくれるようです。 (各大学によって違いますのでご注意ください。TOPスクールではほぼこういうことはないと思われます。) ただし、RDに回されてまた受かるとは限りません。このあたり微妙ですので良く高校のカウンセラーと相談する必要があるかと思います。

EDの締め切りは11月初旬から中旬、 合格発表は12月中旬になります。
私は他の学校に願書を出していません。合格したら他の大学に出したRD願書もただちに取り下げます、と誓約書みたいなものにサインをします。 高校のカウンセラーからも同じような書類を出します。

ED1 ED2 と分けている大学もあります。 私が知っているのは Smith, Swarthmoreなどですが、ED2の締め切りはRDと一緒。合格発表は2月中旬ごろになります。 どこか他の大学でED不合格だった場合このED2で第二希望を確実にすると言う手もあります。

さてEAですが、 これはEDよりも少し軽く、手付け?のようなもの? 場所を確保しておくと言うことでしょうか。 大体の大学が5月1日までに実際に行くかどうかの報告をすればよいのでRD受験の様子を見て決めることが出来ます。 MITなどがEAを実施しています。

ED願書は1校にしか出せません。 EA願書と並行して出すこともできません。 中には知らん顔をして出す人が居るようですが高校のカウンセラーは決してそれはしないようにと注意をしていました。  
EA願書は他校にもEA願書を出すことが出来ます。 
ただしREA願書とある場合は1校のみ。他校にED,EA願書を出すことはできません。Yale、GeorgetownなどがREA願書を実施しています。

さて、ED願書でだめだった場合。2種類に分けられます。reject と defer です。rejectされた場合はもうチャンスがありませんが、deferならRDプールに入れられます。そこから合格するのはなかなか難しいと思いますが、無いわけではありません。 コロンビアのEDでdeferになった子、RDで入ることができました。


ED, ED2, EA, REA, ややこしいですね。 
私の書き方もややこしいですね。ごめんなさい。

こんな記事が出ていました。

Early Decision: College Admission’s Secret Handshake

このブログの記事は別として(笑)ここに出ている数字は大体合っているのではないかと思います。ソースが書いてないので少し不安ですが。

ACT = SAT

ACT か SAT か。

テストを取った生徒の数が同じぐらいになったそうです。

ACT passes SAT in number of college entrance exam takers

(この記事には、SATはエッセイがあってACTはエッセイはオプションと、、 実際そうなのですが、ほとんどの大学でACTのエッセイも要求すると思いますので受験の際はwritingも一緒に申し込んだほうが良いと思います。)


色々なインフォセッションで大学側としてはACTの成績の方が実際の成績に見合っています、とは言っていましたが、やはりだんだんACTに移行していくのかも知れませんね。

知り合いの間ではSATだけを取る子はたくさんいましたが、ACTを取った子はSATも取っていました。
そのあたりを踏まえてこの数字をどう読むかでしょうか。







カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

タケヒメ

Author:タケヒメ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。